軍艦島(端島)へ


4. 軍艦島へ


端島(通称軍艦島)は、長崎港から約24km先にある。
かつては石炭採掘で栄えていたが、1974年に閉山。それにより一時期5100名以上居住していたが、無人島となり、廃墟と化していった。

閉山以降は立ち入り禁止であったが、暫定世界遺産登録をうけて、2009年より一部開放されて、1年間で約6万人上陸した。

僕が、何故この島に行きたいと強く思っていた理由は、
閉山後約10年経った後(1982年)に放映された
公共広告機構のCMを見てからだった。


閉山僅か10年にも満たぬうちに廃墟に化していった「コンクリートの島」の寂しげな姿をブラウン管越しに見て、子供心ながらに衝撃を受けた。
儚さのようなものを感じたと同時に、一度は訪れてみたいという想いが芽生えていき、約20年後ずっと想っていた願いが成就することができた。

外海に位置している為、荒天で運休が多いらしいが、
乗船日は爽やかな快晴☆
絶対晴れ男だ、間違いないw

出発地である長崎港。
再開発されているが、落ち着いた雰囲気。

長崎造船所を越えると、長い吊り橋が。

長崎の離島に佇む立派な教会
「隠れキリシタン」は、こういった小島にて
ひっそりとカトリックを信仰していたらしい。

ここは世界最大級の造船所で
「150万tドック」と言われている。

船は一路軍艦島へ。

すると・・・

↓ズン↓

↓ズンズン↓

↓ズンズンズンっ↓

うおーっ!
「軍艦島」の姿が!!

まるで、動いているかのようですね^^

そして、ついに念願の端島(軍艦島)の全貌を肉眼で・・・(号泣)

上陸後は次号にて。

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社