ルビナス咲く六月

軍艦島の殺伐とした写真と重たい内容の記事が続いたので、たまには我が家のガーデニングの状況についてを☆

昨年の秋に種蒔きしたルビナス(通称:昇り藤)が、ようやく花を咲き始めました!


そもそも、この花を育ててみようと思ったきっかけは、北海道横断旅行で富良野に訪れた時。
道端に沢山のルビナスの花が咲いていて、「いつか自分で育ててみたいな~」と思い、100均で種を買って、昨年秋に鉢植えしてみました。

冬が過ぎ、5月にはようやく小さい花が咲いたものの、すくすく育たなかったので、半ばやけくそで(!?)有機肥料をまいてみたら、翌月イメージ通りに咲いてくれました(^^)/

こいつは初号機。青紫色が何とも可愛らしいです☆

そして、初号機のあとに咲いてくれた弐号機。
鮮やかな紫色で、元気いっぱい天に向かって伸びています。

かと思えば、純白色のルビナスも咲いてくれました。

最近、お花を見ると心が和むようになりました。ましてや、種から育て始めて咲いてくれると、心から嬉しくなります。

更に土いじりをしていると、「生」の感覚が甦るような気分になって、とても元気になります。
それは、生物は元々地中から、火山活動やプレートテクトニクス等によって地表に現れたらしいからなのかな?(ちなみに地下に存在する細菌の総重量は、地上生物の総重量以上という推測がある位だから)



そして、ハーブ。
秋に種蒔きしたものの、なかなか育たなかったラベンダーもここにきてだいぶ成長してきました!
また庭に種を(ばら)蒔いたタイムやレモンバームもすくすく大きくなりました☆

ラベンダーは秋口になんとか花咲きしてほしいです(^^)



そして、庭に育った雑草などを放置していたら、なかなか可憐なお花が咲きました☆
何て名前の花なのでしょう??

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社