出雲路を歩く 矢櫃神社への道程


矢橿神社への道程(登山編)


加茂岩倉遺跡をぐるっと見学したあと、矢橿神社を目指すためにミネラルウォーターを片手にハイキングすることにした。

入り口は大岩の脇に通っている小道。
車で行けるかな?と思ったが、到底行けそうもないので登山してみることに。
この先、どのような光景に出くわすのか楽しみ♪

程なくして、道幅は狭くなり、やがて竹藪に覆われた「道なき道」を進むことに。一寸先も見る事ができない山の世界。

「山に食べられるんじゃないか、オレ?」

なんて、思っていたら・・・

・・・あの~、これって道なの?

もしや、熊が作った道??
およよ~、熊除けの鈴を持ってくるの忘れた~!!
と、かなりパニックになっていたが、前に進むしかないと心に決め込んで、行き着く先まで前進することにした。

竹が風に揺られて軋む音を聞くと、まるで「もののけ」がぼくの事を見張っているかのよう。
恐怖感をさらに助長されてしまう。

そんな藪で覆われた山道を登っていくと、ようやく普通の獣道になった(笑)
そして、程なく歩いていくと・・・

ようやく、看板と参道を発見(涙)

安堵感で思わず涙ぐみそうになりました。
それにしても、竹林が何とも美しい!

竹林の中に取り残された苔に覆われたこぶだらけの木。
こぶは人間でいうところの「かさぶた」のようなもので、自分で傷や菌などから保護しているらしい。
木にも生命は宿っている。

そして、進んできた道を振り返ってみると、見事なまでに美しい森林の世界が広がっていた。

「こりゃ、すごいや・・・」

この景色は、さすがに未開の地でなければ、到底見る事は出来ない。

木の間から僅かにこぼれてくる陽光が、竹や木の緑、そして大気を幻想的に照らしていている。
自然が作った芸術は、人知を遥かに凌ぐ程の「美」と「力」に満ち溢れていた。

もうすぐ神社だ、頑張って歩こう!

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社