秩父三社巡り 三峯神社 三輪造りの鳥居


三峯神社 - 1 (三輪鳥居~随身門まで)



西武秩父駅から路線バスで揺られること1時間半、
第一の目的地~三峯神社に到着。

ようやくバスから降りると、ほんのり木々が色づき始めていた。
半月~1か月程時期をずらしたら、
紅葉目当ての観光客で大渋滞になるんだろうな。

風情ある門構えをしたお土産屋さん。
中を覗いてみると・・・

三度笠を被った猪さんと熊さんが、客呼びしていた^^

歩いていること数分。
三峯神社の鳥居に到達!
この鳥居は、「三つ鳥居(三輪造)」という。

境内の参道を歩いていると
派出所のような詰所跡が。

神社そのものが山の中にあり、
「聖域」の様相を呈している。

杉の巨木に囲まれた参道を歩くと、
不思議と平穏な心に立ち返ることができる。

・・・すると、数多くの灯篭が立ち並び、
その先に朱色をした大きな門が待ち構えていた。

ここが「随身門」。
神仏習合の時代には「仁王門」と呼ばれ、
拝殿正面に置かれていたらしい。

また写真をよく見ると、
神社の標識の土台に朱色で書かれた
神代文字がある・・・。

本来ならば両脇に仁王像が置かれている筈だが、何もない。
明治時代初頭の廃仏毀釈運動で
撤去されてしまったらしい。

そして、この神社の「狛犬」は、狼。
「お犬さま」と呼ばれ崇められていた
三峰信仰(山犬信仰)の神使とされている。

次回も三峯神社です。

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社