史上最強のヒーロー列伝 ザ・カゲスター


ザ・カゲスターに憧れて


昭和50年代のTV番組は、時代を反映してか、とてもファンキーで、カオティック、且つアナーキーな「子供向け番組」が多かった。
その中で私の心の中にディープインパクトを与えてくれた番組、「ザ・カゲスター」を紹介したい。

まず、見て欲しい。アメリカの国旗のようなマントに、サイケな出で立ち。
(でも決して強くは見えない)
またブーツィー・コリンズばりの女キャラは、P-Funk全盛の頃だけに意識していたのであろうか・・・。(でも全然イケていない)



こちら主役カゲスター

 
この子はスズスター


この人ブーツィー
(凄いベーシスト)



製作者は、子供達に何を訴えたかったのであろう?
そして子供達はこの「ヒーロー」を見て、どこに憧れを持てばよいのだろう・・・(絶句)
とにかくオープニングを見た時点で何か凄いことが起きそうな予感。

話の内容は、地球を征服しようと企んでいる軍団が、次々とキャラを投入し、それをカゲスターがやっつける、というよくある王道ヒーローモノである。

この番組で一番凄いのは、必殺技である!

① カゲハンマー!

まず、カゲスターという名前だけあって、影を自由自在に操れることができる!
しかし、どう見てもただカゲスターの前を黒子が歩いているだけである。当時の子供は何人騙されたのであろう・・・。


 
決めのポーズから


   
(どうみても黒子が歩いているだけ)
影が分身!



敵キャラを見事に退治!

② 必殺技「ダブル影車輪」!!

・・・って、ただ敵の前でくるくる回っているだけ(爆笑)
何の特撮もない。
実にリアリズムを追求した技である。
これで敵をやっつけることが出来る「一撃必殺技」らしい。

 
これが、カゲスターの必殺技(汗)


ひとりの場合は
ただの「影車輪」


・・・もう何もいうことはない。
支離滅裂とした内容に最高のダサさ。
シュールリアリズムを追求し尽くした素敵な番組であった。


  
カゲスター、ピンチ!!
(でも、なぜギロチン?)

 
カゲスター決めのポーズ
 

因みに敵キャラ
(Slipknotみたいでこっちのほうがかっこいい)



勝利のポーズ、決め!



Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社