秩父日帰り紀行 長瀞渓谷と歓楽街


6 - 長瀞をゆる~くお散歩


寶登山神社を参拝した後、いざ駅に向かおうと参道を歩いていると・・・

何とも意味深げな立て看板を発見!

「いきなり何でしょう・・・?」

と、一瞬思ったが、
この余りにもシンプルな言葉の奥には
きっと宇宙的な広がりを持った、
看板主の思いがあるに違いない。
いや、あって欲しい(笑)

ちなみにこの参道沿いには、
有名なかき氷屋さんがあるらしく
長蛇の列が続いていた。

かき氷といえば、蒼井優さん。
かき氷についての本を出版している程、かき氷好きらしい。
もし、蒼井優さんと一緒にかき氷を食べられるなら、
直後に戦地に赴いても、尖閣諸島で防衛しても構わない。

・・・と、妄想大爆発していたら、いつしか長瀞駅へ。
秩父鉄道のロゴ・マークがかっこいい!

長瀞駅のホーム。
国鉄払下げのオンボロ電車が活躍。
不思議と黄昏を感じます。

ここが歓楽街の「岩だたみ通り」
多くのお店と観光客で賑わっていた。
この先に長瀞渓谷、そして名物岩畳がある。

川魚(アユ?)も売られていたが・・・
少し小振り過ぎないかな??
きっと何時間も炭に焙られているのだろう・・・。

そして、天然記念物に指定されている
長瀞渓谷に到着。
午後4時すぎなのに、この暗さ。
山の陽が落ちるのは早い。

岩畳と名物ライン下り。

立っている観光客さえいなければ、
パーフェクトな写真だったのに。。。

この長瀞の岩畳、何と九州東部~長瀞まで
約800km続いている世界的に見ても珍しい変成岩帯らしい。

地表に露出しているのは、
長瀞や四国大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)
といった渓谷など。

いやいや長瀞、侮れない(笑)

さて、さすがに夕暮れ間近なのか、
岩畳から観光客がいなくなってきた。

かく言う小生も、秩父神社に向かうため、
早々に渓谷から駅へ向かうことに。

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社