上州上武紅葉の旅 金鑚神社 - 鏡岩と弁慶穴


上州~上武紅葉の旅

武蔵國二宮 金鑚神社(かなさなじんじゃ) 
「奥宮(御嶽山)へGo!」


御嶽山への山道の入る前に何か味わい深い石祠。
緑がかった苔の色が石とうまく調和していて美しい。

そして颯爽と奥宮へ。
木々に囲まれて、マイナスイオン全開で、心が和む☆

・・・と、思ったら道の途中に木が倒れていた。
「人生山あり、障害物あり」ですね。

この山道には、数多くの俳句の碑があったり、
道祖神などが数多く並んでいて、なかなかおもしろい。

ちなみに牛若丸の石像もあった^^
金鑚神社は源義家とも関係があり、
奥州「前九年の役」で出陣の際に、
この地に戦勝祈願をして「義家橋」を架けたらしい。

急な登り坂をずーっと登ったところに、
『鏡岩』という国特別天然記念物の巨岩がある。

御嶽の鏡岩は、約一億年前に関東平野と関東山地の境にある八王子構造線ができた時の岩断層活動のすべり面である。岩質は赤鉄石英片岩で、赤褐色に 光る岩面は、強い摩擦力により磨かれて光沢を帯び、表面には岩がずれた方向に生じるさく痕がみられる。岩面の大きさや、断層の方向がわかることから地質学的に貴重な露頭となっている。
(案内板より抜粋)

岩づたいに歩く(というよりしがみつく)と、念願の(!?)弁慶穴を発見。

・・・一気に興奮が冷めてしまいました(苦笑)
しかし、行こうと決した場所に到達できたのは、
やはり嬉しいものだ。

せっかくだから、中に入ってみた。
周りの眺望は残念ながら木々に遮られてしまってよく見えなかったが、
まあ弁慶のように腰掛けられたので良かった(??)



次回はいよいよ登頂成功!の巻です☆

Comments

Popular posts from this blog

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社