調神社 「つきのみや」のウサギさんを探せ!


調神社~調宮のウサギさんを探せ!



オラ~!
ブエノス・ディアス!!


今回の案内役、調宮(つきのみや)の手水ウサギです☆
最近スペイン語にハマってます!

さてさて、今年は僕たちウサギの干支だから、
神社は大盛り上がり!・・・って訳でもなく(汗)

とにかく浦和の皆さんにいつも可愛がってもらってます♪

何故ボクの神社が「ウサギの宮」になったかは、
前回の記事で確認してくださいね☆

今年の歳旦祭も例年通りに大盛り上がり!
元日から11日経っているのに、まだ防護ネットを外していない

 そうそう、境内にいる仲間のことだよね?

まずは、社頭にある狛ウサギさん・ブラザーズ。
アニキは写真NGだったので、オトウトを紹介します。
結構年季が入っていてシブいよね!

それに比べてボクなんざ、
まだまだひよっこみたいなもんです♪
でも、一番人気はボクらしいよ(^^)

昔は『幸運(開運)の霊水』なんて看板があったけど、
胡散臭いから取ってもらったんだ~☆


社殿は安政6年(1859)竣工で、総欅の権現造りなんだって。
彫刻とかキレイだよね~!
でも、この中にもウサギさんがいるんだよ☆

↑↑         
ここに2把のウサギさんがいるけどわかるかな??

そして、ここにも2把のウサちゃんがいるんだよ☆

あとね、写真の右下隅の金色の灯篭にも・・・
ボク達が隠れているんだぁ~☆
(拡大すれば恐らく分かるよ)

そして御手洗池にもウサギさんはいます!

ボクより豪快に水を吐き出しているウサギさん。
雨ざらしの中、毎日大量の水をリバースして
大変だな~って、いつも思っていますw

そして、その隣にも・・・

ちいさいけど、ウサギさんが澄ました顔をして
ポーズを決めています☆

実は脇にカメさんもいるんだけど・・・
この写真だと分かりづらいですね(^^;)

そして朱色の社殿は、
旧本殿で享保八年(1733年)建立なんだって!
今はキツネくんの社になっているけど・・・

その石燈籠をよく見ると・・・
三日月になっていまーす☆

芸が細かいね~♪

そんな旧本殿にもウサギさんがいるんだよ☆
木彫りの彫刻板の『月見ウサギさん』
ボクの大先輩なんです。

まだ旧本殿内に仲間がいるはずなんだけどな・・・。

まっ、そんな感じです☆
以上、手水うさぎのレポートでした~♪

最後まで読んでくれて、

ขอบคุณค่ะ


(・・・って、タイ語じゃん★)

今年も良い一年でありますよーに!

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社