武蔵‐氷川Ley Line(レイライン)を進め -2 氷川神社とアラハバキの謎


武蔵~氷川神社ラインを訪ねてみた


2. 氷川神社摂末社にある“アラハバキ神”を祀る社



今回は「ヤマト王権」によって、邪神と夷しめられた神‐荒脛巾(アラハバキ)と氷川神社との関係や由来についてです。

さて、氷川神社境内の右側の鬱蒼とした茂みの中に二つ並んだ社殿がある。
左から『門客人神社』、そして『御嶽神社』である。

左の『門客人神社』
現在は、足摩乳命(アシナヅチ)と手摩乳命(テナヅチ)←氷川神社の御祭神であるスサノオの妻であるクダナダヒメの両親を祀っていることになっているが・・・

元々は「荒脛巾(あらはばき)神社」と呼ばれていた神社である。

「新編武蔵風土記稿」によると、この神社の元々の祭神は豊石窓、櫛石窓であったらしい。
「客人神」というと、あとからやってきた神を祀るイメージがあるが、実際は以前からの土着神である地主神を客神として祀っている。

柳田国男の「石神問答」中で、豊石窓、櫛石窓の二神が石神であるとされ、石神はシャクジのことで、シャクジはサエ(賽)の神の意である、と述べている。

「門客人社」は、「門神」と「客人神」を合体したものであり、客人社は元々土地の地主神であったものが、後来の神にその地位を奪われ(氷川神社の場合は出雲族)主客を転倒させられた、と同時に門神はサエの神で、外来の邪霊を撃退する為に置かれた神である、と理解される。
(「日本の神々」 谷川健一著より抜粋)

その後来の神とは、つまり蝦夷。
蝦夷民族の進入を阻止する為に、蝦夷の神を祀ったと言われる。

さらに小生の推論でいうと、「ヤマト王権」下の武蔵國は、和銅(精錬しないでも良い純度の高い銅)をはじめとした金属が採掘できたり、農耕に適した肥沃な土地を持っていた為、経済・戦略的に見て重要な拠点として捉えられていたと推測する。

重要な地だからこそ、武蔵(特に埼玉)に、出雲族の首長がいわゆる渡来人(数多くの渡来人(例:新座→昔の新羅郡、高麗→高句麗の入植者が多い)を奴隷移民として引連れて、武蔵國を開拓したのであろう。

天皇御陵を真似た『さきたま古墳群』を作れる程の政治力や資金力があった。
また現在の地名においても、大宮には櫛引という地名や、「石神」の意に近似した道祖土という地名、都下にも石神井というアラハバキ名残の地名が数多く残っている。

かと思えば、「東日流外三郡詩」なる書物には、アラハバキ神は、日本のほぼ全土に影響力を及ぼしていた土着神であった可能性があり、朝廷によって夷(ひがみ)神として貶められたとの説がある。

それでは、他の摂社、末社について。

ここは松尾神社。
大山咋命(おおやまくひ)が祀られている。

そして、宗像神社。
御祭神の宗像三女神(むなかたさんじょじん)は、宗像大社(福岡県宗像市)に祀られている三柱の女神の総称である。

次回は、氷川神社の御祭神スサノオの子孫であり、出雲大社の主祭神である大己貴命が祀られている中山神社です☆

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社