29 April 2011

キノミヤを追いかけて-12 八幡宮来宮神社


キノミヤを追いかけて

12 八幡宮来宮神社

(静岡県伊東市八幡野1御鎮座)


京都・奈良から一気に伊豆へー☆
さて翌朝、昨日の天気が嘘のように大粒の雨が降っていた。
旅館の朝食を摂り、いざ南へ。

伊豆高原駅で下車して、八幡宮来宮神社へ。
坂道を登ること約20分強で到着。

社頭

山の麓にある神社で神々しい社頭の佇まい。
鳥居は木造銅板覆の作り。
由緒記によると、「昭和五十一年九月石造鳥居を建立したところ、五十三年一月伊豆大島近海地震にて倒壊したので同年九月木造銅板覆によって再建した」との事。

社門
社門の背後には鬱蒼とした森が広がっている。
思わず気持ちが高揚してしまう。

参道

社務所を通過すると、何ともいえない石畳の参道。
晴れていたら、木漏れ日が石畳を照らして美しかったと思うが、霧がかった雰囲気も美しく神秘的。

石畳みの参道には新しい石燈籠もあるが、写真のような古い燈籠も置かれていた。
まるでヒトと自然と長い年月をかけて創りだされた、芸術品のよう。

石燈籠に寄りかかるように茂っている草はリュウビンタイという大型シダ植物。

ここ八幡宮来宮神社社叢は国指定天然記念物に指定されており、ウラジロガシ、アラカシ、イチイガシ、スダジイ、タブノキなどの高木にカギカズラなどのツル植物が絡みつき、樹下にはシダ類が群生する典型的な照葉樹林の状態が保たれている。

さらに大型シダ植物の北限自生地であり、ヒトの活動の影響を受けていない、自然の状態が保たれている樹林として、昭和9年8月9日に指定された。

 そして社殿へ。

鬱蒼とした森の中では気付かなかったが、雨足がさらに強まっている。
社殿脇に立っているスギの巨木・・・胴周りはいったい何メートルなのだろう??

社殿

大粒の雨が降り注いできており、写真にも雨が写りこんでしまっていた^^;
真冬の大雨だというのに不思議と心地よい。木々が雨水を気分よく吸い込んで、マイナスイオンを放出しているせいなのか、それともただ気分が高揚しているからなのか?

そんなところで御由緒を・・・

祭神は誉田別命(応神天皇)と、伊波久良和気命(イワクラワケノミコト)の二柱

社殿は本殿は寛政七年(1795)、拝殿が文政七年(1824)の建築のもので、平成9・10年の大修理された静岡県指定有形文化財。

本殿は二間社流造で右殿に八幡宮、左殿に来宮が祀られている。
(以上、案内看板から要約)

「八幡宮来宮神社 創立一千二百年 由緒記」

比の地に鎮ります八幡宮来宮神社は、その創立を悠久の昔に発し、郷黨衆庶の尊崇篤く、神威赫々として今日に到った古社である。

八幡宮は誉田別命(応神天皇)を祀る、神護景雲三年大宰の廟官阿曽麻呂が一国一社と定めて正八幡を勧請した際の伊豆の代表八幡宮であって、明治六年郷社に列格された。

来宮神社は伊波久良和気命を祀り、古来、来宮大明神を崇められた延喜式神名帳所載の神社である。
もとは海岸の堂の窟に祀られていたが、後に八幡宮神域に奉遷され、明治九年郷社に列せられた。
元来両社は別殿であったが延暦年間本殿再建の際に一殿両扉の現在の姿になったと言い傳えられている。

従って当社は一殿にして二社である。
このたび当神社御鎮座千二百年大祭を斎行するに当り、記念事業の一として石造大鳥居一基を奉献。
いささかその由来を記して崇敬の誠をささげ、この地平安と住民の弥栄を祈願するものである。
(以上、石碑より)

鬱蒼とした木々、石が作りだしたここ伊豆高原の「キノミヤ」は、深く心に刻み込まれること必至な程、感動的に美しかった。



次回は河津へ☆

No comments:

Post a Comment