キノミヤを追いかけて-7 廣瀬神社

キノミヤを追いかけて
7 廣瀬神社

(静岡県伊豆の国市田京1-1御鎮座)

三嶋大社を参拝後、次に向かうは廣瀬神社。
田方郡一の神社であるそうな。
なお、伊豆箱根鉄道は初めての利用。

ちなみに、三島市内にはこのような古い建造物があっておもしろかったです。

田京駅を降りて、徒歩10分程で廣瀬神社に到着。
街道沿いには新しい一の鳥居が建てられて、その先には竹と紙垂で作られた鳥居が作られていた。
とても趣きのある雰囲気の社前。

狩野川の支流から引かれた川、そして神橋を渡った先には廣瀬神社の境内。

普通の神社だと大抵馬舎に入っている御神馬。
お外に出ていて何とも可愛らしい♪
だけど、よく見ると足の箇所がしっかりと修繕されている。



~御由緒~

式内社であり、神階帳重従一位 広瀬の明神という。
祭神は溝樴姫命(みぞくいひめ)外二神。見目神社、龍爪神社など八社を合祀、祖霊社を祀っている。田方一の大社である。

社伝によれば、三嶋大社はその昔下田の白浜からこの地に移り、後に三島に遷祀したという。
天正十八年(1591)豊臣秀吉による韮山城(北条氏)攻めの際、兵火に遭い、社殿ことごとく焼失している。慶長元年(1596)に再建、江戸時代には深沢明神として崇敬された。明治二十八年より広瀬と称える。

 左:ソテツの木 右:御神木の楠

境内には、クスノキ・ムクノキ・ケヤキ・カヤノキ・マキノキ・スギなど多くの樹木がある。また、海浜性のヒメユズリハ・モクレイシ・トベラなど注目すべきものがある。
(神社内案内板より)

そして、木の根元には事代主神=エビス様(?)の木像が置かれていた。
とても可愛らしい♪

狩野川の先見える葛城山。
この辺にもヤマトの影響が色濃く残っているように思える。


次回は再び東伊豆を巡ります。

Comments

Popular posts from this blog

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社