26 June 2011

相模路をゆく -9 鶴岡八幡宮 境内社など

Location 鶴岡八幡宮

相模路をゆく
9 鶴岡八幡宮 其の二

本宮参拝後、折角だから境内を散歩してみた♪

丸山稲荷社
本宮奥にある稲荷社で、
本殿は鶴岡八幡宮の中で一番古い室町期の建物
国重要文化財に指定

11月8日の火焚祭では、鎌倉神楽が奉奏される。

若宮
仁徳天皇、履仲天皇、仲姫命、磐之媛命を祀っている。

若宮拝殿内
現在の建物は徳川2代将軍秀忠の命によって
1624年(寛永元)に立て替えられたもの

尚、国重要文化財に指定されている。

由比若宮遥拝所
八幡宮の元宮である
由比若宮(材木座に鎮座)を遥拝できる

鶴亀石

『相模国風土記稿』に
水をもって石面を洗う時は鶴亀の文様が輝くあらわれる
と記されている大変めでたい石
(以上、境内掲示板より)

白旗神社
御祭神: 源頼朝公、源実朝公
黒塗の社殿が香取神宮のようで、力強さを感じる。

御祭神の御威徳にあやかり、
必勝祈願や学業成就の信仰が篤い神社である

源氏池

参道を挟んで
左側(東)に平家池、右側(西)に源氏池がある

平家池には島が四つ、源氏池には島が三つあり、
それぞれの島の数が
源氏の繁栄(三=産)と、平家の滅亡(四=死)
を現していると云われている

源氏池内に浮かぶ島には
旗上弁財天社が鎮座されている



次回は鎌倉宮へ~☆

No comments:

Post a Comment