相模路をゆく -13 箱根神社 芦ノ湖畔に浮かぶ平和鳥居

相模路をゆく
13 箱根神社 平和鳥居

箱根・芦ノ湖といえば、
やはり湖畔に浮かぶ「平和鳥居」

早朝の平和鳥居はとても幻想的♪

このアングルは海賊船の船着場から撮影したもの

『平和鳥居について~
鳥居扁額の題字は前宰相吉田茂氏の墨蹟である。
東京オリンピック東京大会開催に際し、
特に平和の二字を題して奉献せられたものである。』

平和鳥居のの奥の鬱蒼とした森の中に
箱根神社里宮が鎮座されている

奥に見える山は元宮が鎮座されている駒ヶ岳
その先には神奈備~神山がそびえ立っている

そしてライトアップされた夜の平和鳥居
神秘的な雰囲気が漂っています。

三脚さえあれば・・・。

そして、元箱根のバスステーション脇にあるのが
身代わり地蔵

『宇治川の先陣争いで名高い梶原景季は、
ある年箱根を通りかかったとき、何者かに襲われました。

当時弁舌巧みで、たびたび人をおとしいれた
平 景時と間違えられたらしいのです。

幸いにも、傍らにあった地蔵が
身替りになってようやく命が助かりました。
それ以来、この地蔵を
景季の身替り地蔵と呼んだとの事です。』

そして身代わり地蔵脇にある塔は・・・(以下略)



Comments

Popular posts from this blog

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社