流海(霞ヶ浦)を巡る -3 蛟蝄神社 (門の宮)

流海(霞ヶ浦)を巡る
3 蛟
神社 (門の宮)
(茨城県北相馬郡利根町立木882御鎮座)
阿見町から一気に南下、牛久観音を通り過ぎ、龍ヶ崎市を縦走すると利根町へ。
一面田んぼの凡庸な景色から、モサっとした森が小島のように姿を現す。
その小島のような社叢の中に、蛟神社が鎮座されている。
社頭
神社は、「こうもう」神社と読むが、延喜式神名帳では「みつち」とも読ませている。
神社の歴史は古く、紀元前288年に水神の弥都波能売命が祀られたのがはじまりで、その後688年に土神の波邇夜須毘売命を祀っているとのこと。

神社 (門の宮) 社殿
沿革
蚊罔神社は孝霊天皇三年(BC288)に水神の弥都波能売命、文武天皇二年(698)に土神の波邇夜須毘売命をまつったのが、そのはじまりと伝えられています。
記録にあらわれた最初は、延喜五年(905)に編集を開始した「延喜式」の神名帳で、「相馬郡一座蚊(みつちの)神社」と書かれています。

の名は、周囲が流海であったころの台地の姿が、水を分けて進む水蛇ににていたためといわれています。
門の宮のある所は、縄文後晩期貝塚(BC2500~BC300)で、そうした古代の有り様をしのばせます。同時にこの貝塚は全国的に見ても貴重な遺跡として大切にされています。
本殿
門の宮の社殿は慶長三年(1598)に府川藩松平信一が再建したという記録と元禄十一年(1698)再造営の棟札が残されています。

奥の宮は元禄十六年に再建されました。
簡素なつくりで、彫刻で飾られた門の宮と対照的な建築物です。

神社には日本武尊が参拝したという伝説があり、近くに弟橘姫の櫛塚や舟形山があります。
(以上、社頭掲示板より)
板締めの注連縄
注連縄の「〆の子」が重厚感がある。
この形は板〆めと呼ばれる形で、特に九州北部の神社や、天神社に多いらしい。
北九州の海人族との関連性があった・・・とは考え過ぎですね。

ちなみに、〆の子とは注連縄に紙垂と共に付ける藁で作られた飾りのこと。

中臣一万度行事塔
この石塔は「中臣一万度行事塔」と書かれている。
近辺の社では、同様の意味を成した塔が多くあるらしい。

中臣一万度行事とは、「中臣祓詞を一万回唱える」という意味で「万度祓」と言われる神事。

『元々は毎年6月と12月の末日に行われる大祓で、犯した罪(神道の観念による「罪」であり、犯罪とは意味合いが異なる)・穢れを祓うために唱えられた祝詞で、中臣氏が京の朱雀門で奏上していたことから中臣祓の称がある。』
(Wikiより抜粋)

最近では、東日本大震災後に奈良・春日大社にて「万度祓」が唱えられていたらしい。


さて、門の宮の門前には、「立木貝塚」という縄文時代晩後期の貝塚があり、貝塚内にて土偶や耳飾り、貝輪といった遺物も出土したらしい。
この遺跡の調査によると、縄文期の関東地方の文化に、東北地方的な文化の流入が始まったことを証明するようなミミズク土偶などが発掘されていたようだ。

2000年以上前から居住していた証拠となる遺跡の上に蚊神社が建立されて現在に至る。
小さな集落にあるお社の、大きな歴史ロマンを感じるお話。


次回は奥の宮です♪

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社