17 September 2011

サガルマータへの道 (1) 穂高~涸沢ルート攻略編

Location Japan, Japan Alps
ども、です。

カトマンズ行きの航空券を購入してしまい、サガルマータ国立公園(エベレスト)に行くことになったので、少しは身体を鍛錬せねばと思い、北アルプスで高地トレッキングを敢行しました。

目指すは「涸沢カール」で有名な穂高連峰周辺。
詳細はいつかゆっくり書くとして、今回はざっくりダイジェストということで・・・。

河童橋
まずはスタート地点の上高地。
多くの登山客や観光客で賑わっていた。

横尾吊橋
(省略)
清々しい上高地の森林道を歩くこと約12km、
やっと横尾山荘へ到着。
(途中、穂高神社 奥宮などあったが、それは後日)

ちなみに看板には
「午後2時以降の入山は控えてください」

と書かれていたが、時計を見ると、ちょうど午後2時。

根拠なき自信を基に、我々は入山てしまいました^^;

本谷橋

横尾から急坂が続き、足元も悪くなり始め、ようやく本谷橋へ到着。

実はこの時点で、小生はかなり凹んでいた。
信じられないトラブルが連鎖的に続いてしまっていたので、かなりガックリしてました・・・><

道中・・・
岩がゴロゴロ転がるような山道が延々続く・・・。
富士山の方が余程楽だった。。。

そして何とか宿泊場所の山小屋へ。
到着時刻は午後5時。
危ない、危ない(汗)

諸事情で食事するお金もなく、Beerとハイボールで空腹を満たすw

穂高の峰
穂高の峰から雲が湧き立つ。
とても幻想的な風景、疲れが一気に飛ぶ。

雲がかっていたため、残念ながら星は見ることが出来ず(´Д` )
不貞腐れた気分で午後9時前には就寝Zzz...


翌朝、夜明けとともに起床。
外に出て見ると奇跡的な光景が!!

涸沢カール
朝焼けに染まった穂高の峰。
写真でしか見たことない景色が広がる。
マジ感動。

穂高岳と月
日本じゃないような景色に心躍る。

雲も赤く染まり、うねるような形を呈していた。

穂高岳と月の入り
そして、数十分の日の出ショーは終了。


帰りはパノラマルートなるショートカット・コースで下山したが・・・

崖にへばりついて進まないと谷へ真っ逆さまのような場所や、ロック・クライマー気分を味わえてしまうような岩を降りたりと、修行している気分になった。。。
(とーぜん、その間の写真はなし^^)

しかし、汗をかけばその分ご褒美ももらえる。

槍ヶ岳
憧れの槍ヶ岳!

富士山と南アルプス
雲海の先には富士山と南アルプスが!!

他にも途中休憩していたら、小さなイタチがやってきたりしてくれて楽しかった。

北アルプス
誰が撮っても絵になるような絶景が広がる。
登ってみてよかったな、と心から思った。

梓川
ごっつい山道を降り、約4~5時間で下山終了~ぅ。

ここのところ、家でずっと勉強している日々が続いていたので、体力の落ちっぷりに愕然としたが、鍛え直すきっかけとなった良い鍛錬の旅でした。

あと、パートナーがいなかったら、絶対めげていたであろう。
山は複人数で登らなくてはいけない、と改めて実感しました。


次回は、とーぜんお社にも行きましたYO編です☆

No comments:

Post a Comment