東京湾沿いの古社(旧東海道編) - 薭田神社

旧東海道の古社
薭田神社 
(東京都大田区蒲田3-2-10御鎮座)

続いては、蒲田に鎮座している式内社、薭田神社について。

京急蒲田駅から、呑川にかかる「あやめ橋」なるいささか物騒な名を持つ橋を越えて、約10分程度歩くと到着する。
尚、石鳥居は寛政十二年(1800)の製作で大田区の文化財に指定されている。
お社の雰囲気が住宅街に囲まれているせいか、小ざっぱりとした様子。

延喜式内社 薭田神社 由緒
主祭神 誉田別命 相殿 天照大神 武内宿禰命 荒木田襲津彦命 春日大神
例祭日 九月十五日

抑も当社は三代実録・延喜式その他の古文書に明記せられたる由緒深き所謂延喜式内の神社にして蒲田創草の古社なり

和銅二年(七〇九)僧行基は天照・八幡・春日の三神体を造り本社に安置す 
後年僧日蓮は池上宗仲の舘に入るに及び村民の請を容れ改めて開眼すると伝う
清和天皇貞観六年(八六四)官社に列し従五位下を賜り
明治五年十月郷社に定めらる

安政四年(一八五七)拝殿を改築元治二年(一八六五)本殿を改築昭和四年拝殿・幣殿を改築昭和九年本殿屋根葺 き替え及び神楽殿を新築す
昭和二十年四月十五日戦災のため灰燼に帰す
昭和二十 一年九月十五日仮本殿を再建し昭和二十九年八月十五日 本殿・幣殿・拝殿を新築す

昭和三十一年八月十五日
(境内石碑より)

境内末社

境内社として(写真手前より)三十番神社、稲荷神社、薬祖神社が鎮座している。
参考として他の方のHPを拝見したところ、元々社名は蒲田の古字から由来しているらしい。

  次回も引き続き旧東海道の古社~大田区編です♪

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社