16 October 2011

東京湾沿いの古社(旧東海道編) - 鶴見神社

Location 日本, 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1丁目14
旧東海道の古社
鶴見神社
(神奈川県鶴見区鶴見中央1-14-1御鎮座)


今回はJR鶴見駅から約7分程にある鶴見神社です。

鶴見神社の北を流れる鶴見川流域には「杉山神社」を祀るお社が多く、ここ鶴見神社も「杉山大明神」称し、延喜式内社「杉山神社」の論社とされている。

杉山神社のルーツは定かではないが、一説によると東国に進出した阿波忌部氏の一族が建立したのだという。
また、御祭神は五十猛命だというのも大きな特徴のひとつ。
横浜市都筑区の杉山神社についてご覧になりたい方はここをクリック

さらにここ鶴見神社の境内には昭和三十年代の発掘調査では、弥生時代~鎌倉時代にかけての祭祀具が発掘され、さらに平成二十年の発掘調査で、縄文時代の貝塚が遺存していることが確認された。そして周辺からは、貝塚と関連される古墳時代前期の竪穴式住居跡も発見されている。

鶴見川河口に程近いこの地は、太古の頃からの居住地であり、古代祭祀の中心地のひとつだったのであろう。

御祭神
二社相殿

杉山大明神
御祭神 五十猛命
天王宮
御祭神 素盞鳴尊

由緒

鶴見神社は往古は杉山大明神と称し、境内地約五千坪を有する社でありました。
その創建は推古天皇の御代(約1400年前)と伝えられております。

続日本後記承和五年(約1180年前)2月の頃に「武蔵国都筑郡杉山の社、霊験あるを以って官幣を之に預らしむ。」とあります。
大正9年に鶴見神社と改称され、昭和37年、境内より弥生式後期から土師「古墳時代」を中心として鎌倉期に及ぶ、多数の祭りに使用された道具が発見され、推古天皇以前より神聖な地として、すでに祭が行われていたことと共に、横浜・川崎間最古の社である事が立証されました。
富士塚と浅間神社
横浜最古の神事芸能田遊びは、明治4年を最後に廃絶となりましたが、昭和62年に再興されました。以来杉山祭と呼称して田祭り保存会が結成され、毎年例祭日に奉納されております。

のちに天王宮が合祀されて二社相殿となりまた天王宮の大神輿は、鶴見川に流れついたと言い伝えられる横浜最古の神輿で、毎年古式豊かに渡御され、天王祭として盛大に取り行なわれております。

境内末社
稲荷社、富士浅間社、大鳥社、 関神社、 秋葉社
ちなみに境内末社の手前の石畳下に「鶴見神社境内貝塚」がある。

線路沿いで且つ商店街も近くにあるので、騒々しい環境にあるのかな?と思ってましたが、とても静かでのんびり出来るお社でした。

No comments:

Post a Comment