5 February 2012

宮城の社 陸奥国府跡と多賀神社

Location 日本, 宮城県多賀城市市川大畑9
2011年東北祈念の旅
多賀神社
(宮城県多賀城市市川大畑鎮座)

加賀城跡
せっかく多賀城市に来たのだから、陸奥国府・加賀城跡に立ち寄ってみた。
丘の上にあり、塩竈港が一望できる立地。

多賀城は724年、奈良朝廷により陸奥国府と鎮守府が置かれ、平安時代以降も国府として南北朝時代(14世紀)まで続いた。
多賀城政庁跡は古代多賀城の中枢部分で、奈良県の平城京跡、福岡県の大宰府跡と共に日本三大史跡の一つといわれている。

多賀城神社
その脇に鎮座する多賀城神社。
後村上天皇・北畠親房・北畠顕家・伊達行朝・結城宗広等といった南朝の忠臣を祀っている。

とはいえ、あまり心に響かなかったので、辺りをうろついてみた。
すると、心をくすぐられるようなお社を発見。

多賀神社

高台に鎮座されていて、社殿には不思議な飾りがされている。
トタン屋根で覆われているが、中は藁葺になっていて古の社の雰囲気を醸し出されている。

茅の輪のお飾りがとても可愛い
社殿に飾られている折鶴や鎖状になっている茅の輪。
前回の荒脛巾神社とともに陸奥国府の岐神(門前神)とされていたのか?

藁葺屋根が見える社殿
祭神や由緒などは一切不明だが、手厚く祀られているお社を見ると地元氏子に篤く信奉されているのであろうと想像。
とても小さいけど、深く心に残るお社であった。
(実はこういうお社を強く求めていた^^)


次回は東北お社巡り最終回。
せっかくだから塩竈神社と周辺社を。

No comments:

Post a Comment