京都の社 橘氏の社 梅宮大社

京都の社
梅宮大社
(京都府京都市右京区梅津フケノ川町30鎮座)

松尾大社から桂川を渡って四条通を歩いていくと、梅宮大社が鎮座している。
『延喜式神名帳』で名神大社に列し、仁明天皇の外戚の氏神として二十二社にも列した由緒ある古社で、藤原氏、源氏、平氏と並び、平安時代の四大公家といわれている橘氏の氏神を祀るお社でもある。

隨神門
四条通から路地を曲がると、白色の石鳥居と「官幣中社 梅宮神社」の石碑があり、隨神門まで一本の参道となっていたが、残念ながら工事中で、多くの工事車両が路上駐車していたため、掲載しなかった。
ちなみに隨神門の二層部には多くの酒樽がお供えされていた。

神門から境内を眺める。
隨神門をはじめとする拝殿・本殿など境内の建築物の多くは元禄十三年(1700)再建のもの。

因みに境内の造りや、同じ酒造りの神(大山咋神)を祀っていることから、桂川の対岸に鎮座している松尾大社と類似点が多いように見受けられる。尚、記録によると、本神社の神官は代々秦一族が世襲していたらしいから、強い関係があったのであろう。

社殿
梅宮大社 (うめのみやたいしゃ)

御祭神
本座四座
酒解神(大山祇神)、酒解子神(木花開耶姫命)
大若子神(瓊瓊杵尊)、小若子神(彦火火出見尊)

相殿四座
嵯峨天皇、仁明天皇、
橘清友公、橘嘉智子(壇林)皇后

拝殿
御由緒
当社は今から凡そ千三百年前、奈良時代の政治家であった橘諸兄の母・縣犬養橘三千代が、山城国綴喜郡井出寺の中に橘氏一門の氏神として現在の綴喜郡井手町付近に創建したのが始まりといわれる。

平安時代の始め、嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子(壇林皇后)によって現在の地に移された。
酒解神(大山祇神)、大若子神(瓊瓊杵尊)、小若子神(彦火火出見尊)、酒解子神(木花開耶姫命)の四座を祭神とする。


酒解神の御子・酒解子神は大若子神との一夜の契りで小若子神が生まれたことから、歓喜して、狭名田の稲をとって天甜酒を造り、これを飲んだという神話から、古くから安産と造酒の神として有名である。
また、皇子に恵まれなかった壇林皇后が、本殿の横に鎮座する「またげ石」をまたいで子供を授かったことから、この石をまたげば子宝に恵まれると伝えられ、その下の白砂は安産のお守りとされている。

その後、延喜式の明神大社二十二社の中に列せられ、明治四年官幣中社に列せられた。

拝殿
酒解神(大山祇神)・大若子神(瓊瓊杵尊)・小若子神(彦火火出見尊)・酒解子神(木花開耶姫命)の四座とともに、相殿四座がおまつられになりましたのは、文徳天皇の仁寿年中(851~854)で、千百年ばかり前のことです。

代々橘氏の長者がお仕えしていましたが、県犬養三千代夫人が橘氏の祖であると共に、藤原不比等公の夫人になった御関係から、藤原氏の摂政又は関白の家筋の方が橘氏長者を代行され、梅宮神社には、藤原氏の氏神の春日神社と同様の崇敬を捧げられました。

境内
このように橘氏は橘・藤原の二氏が長者となりましたので、特に此の氏(橘氏)に限って長者の事を是定(ゼジョウ)と呼ばれていました。
もって橘氏の家格の尊さと梅宮大社の神威の偉大さがうかがわれます。

現在、本殿、拝殿、廻廊、中門などがあるが、これらは元禄十三年(1700)の再建によるものである。 庭園は、杜若(かきつばた)や花菖蒲の名所として知られるほか、梅、八重桜、椿、つつじ、あじさいが美しい。
(京都市案内板、及び梅宮大社由緒略記などより)

『ソバー?』
尚、梅宮大社は現在、神社本庁に属さない単一神社である。
ちなみに、京都山崎の天王山に鎮座する自玉手祭来酒解神社は、橘氏の祖神・大山祇命を祀っている。

次回は京都の名所~嵐山です♪


Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社