Posts

Showing posts from March, 2012

奈良の社 奈良氷室神社

Image
奈良氷室神社
(奈良市春日野町1-4鎮座)

氷室神社は、春日大社と東大寺の中間に鎮座する神社。
奈良公園周辺は、とにかく観光客が多過ぎて疲れてしまったが、氷室神社の境内に入ってみると、社外の喧騒がウソのように静まり返っていて、とても落ち着いた雰囲気で心地よさを感じることができた。

氷室社は社伝によると、平城京遷都とともに和銅三年(710)に春日大社の御神山である御蓋山の北麓を流れる吉城川・月日磐に氷室を奉祀したのが始りで、のち貞観三年(860)に現在地へ遷座したという。

氷室神社
祭神:
闘鶏稲置大山主神、額田大仲彦命、仁徳天皇

氷室神社は、奈良市春日野に鎮座する。
和銅三年(710)の平城京遷都にともない、平城京東山の守護神として、また春日野に作られた氷池(製氷用の池)や氷室(氷の貯蔵庫)の守り神として祀られたのが始まり。 

祭神は氷室と貯水の方法を伝承していた闘鶏稲置大山主神と、その氷室を発見して奏上された額田大仲彦命と、献氷の典例を開かれた仁徳天皇の三神が祀られている。

奈良時代には、氷室社をはじめ、氷池や氷室は今の春日大社境内地にあって、厳寒期に氷池で凍らせた氷を氷室に蓄え、春分の日に氷室開きが行われ、九月まで平城宮に氷を献上していたという。
平安遷都後の貞観二年(860)に現在地に遷座され、興福寺の鎮守、南都の地主神、南都楽所の氏神としても崇敬された。

境内社・舞光社は、南部舞楽の祖・狛光高霊という舞曲の達人を祀った社。
楽人たちの氏神とされている。

さてさて、氷室神社は春日大社に旧社地を奪われた経緯などから、仲があまりよろしくないようで、次のような伝説があるという。

話其の一
春日様(春日大社)は、氷室様(氷室社)の土地を三尺(1m)を借用する約束をしました。
この約束は、地下三尺のことでしたので、今でも春日の樹木はそんな大樹でも三尺以上根ざさず、少しの風でも倒れるのだといいます。  話其のニ
昔、春日の神と氷室の神が喧嘩をしました。
その決着がまだついていないのに、若宮祭の御旅所を氷室の持地内に作るので、氷室の神は怒って毎年春日の神と神相撲をするという。相撲で負けた神様の祭の日には雨が降るとさ。
氷室神社側にかなり因縁を感じるのだが、春日大社内に鎮座する榎本神社の伝説と似たところが・・・。


次回は、大和国一宮です♪

奈良の社 春日大社 若宮十五社巡り

Image
若宮十五社巡り

春日大社については以下リンクを参照ください
http://travelog-jpn.blogspot.jp/2012/03/blog-post_25.html
境内の南側に伸びる御間道から奥の院道にかけての社叢に、「若宮十五社」と呼ばれる末社群が存在している。

東西に走る本参道の賑わいが嘘のように、奥の院道周辺の末社群は静寂に包まれていて、神域であることを感じさせてくれる。
そして、この道は『山の辺の道』として山沿いを縫うように走り、御神山・三輪山の先にある海石榴市まで続いている歴史ロマンを想起させてくれる道なのである。

若宮神社の本殿は、保延元年(1125)創建、拝舎は治承二年(1178)創建された古社で、重要文化財に指定されている。

若宮神社
御祭神 天押雲根命
(春日大社の第三殿天児屋根命と第四殿比売神の御子神)
御由緒
若宮の御祭神は長保五年(1003)に御出現あそばされ、保延元年(1125)現在の地に祀られる、
「春日若宮おん祭」に際して、その一日のみ御旅所に御渡りになる。
鎌倉時代後期に描かれた絵巻物「春日権現記」(1309)にも現状と同種の建築物が描かれている。
拝舎の屋根の後端は神楽殿と一体となっている。

「春日若宮おん祭」は、12月15~18日に執行される祭で、1136年折からの長雨のため全国に疫病や飢饉が蔓延し、これを鎮めるためにはじめられた祭典で平安時代より現在に至るまで絶えることなく奉仕され続けている、日本を代表するお祭のひとつです。

摂社本宮神社遥拝所
御祭神 武甕槌命、経津主命、天児屋根命
御由緒
御蓋山(みかさやま)は、太古より霊山を崇められる神奈備(神の鎮まり給う所)で、神護景雲二年(768)御本社第一殿の御祭神である武甕槌命が白鹿の背にお乗りになり頂上の浮雲峰に天降られた神様である。
毎月一日には、この所へ神饌を供し頂上の本宮神社を遥拝する。

兵主神社(ひょうすじんじゃ) 御祭神 大己貴命
南宮神社 御祭神 金山彦命
尚、兵主神社の脇に三輪神社(祭神:少彦名命)が鎮座していたが、失念。

廣瀬神社 御祭神 倉稲魂神
葛城神社(懸橋社) 御祭神 一言主神

尚、中央には『赤乳白乳両神社遥拝所』の石碑がある。
ここから南手に約三キロ離れたところに末社赤乳神社・白乳神社が御鎮座されており、古来より、赤乳神社は女性の下半身、白乳神社は上…

奈良の社 春日大社 春日神社の総本社

Image
春日大社  藤原氏の氏神を祀る本宮(大宮) (奈良県奈良市春日野町160鎮座)
春日大社は、平城京守護の為に神護景雲二年(768年)に創建され、藤原氏の守護神である武甕槌命と経津主命、祖神である天児屋根命と比売神(総じて春日神と称されている)を祀るお社。また、全国3000社程ある春日神社の総本社でもある。
創建については、鹿島神宮の鹿園にある由緒書きに記載されているので抜粋。

『鹿島神宮の御祭神である武甕槌大神様のところへ、天照大神様の御命令を伝えに来られたのが天迦久神という方で、鹿の神霊とされていることから、鹿島神宮のお使いは鹿となっている。

神護景雲元年(767)に、藤原氏は氏神である鹿島の大神の御分霊を奈良にお迎えして春日大社を創建したが、そのとき御分霊を神鹿の背に乗せ、多くの鹿を連れて一年がかりで奈良まで行った。
その鹿の足跡が、東京都江戸川区の鹿骨をはじめとして、東海道を三重県の名張まで続いて残っている。』

一の鳥居から東西に連なり、数kmにも及ぶ参道には数多くの春日燈籠とも呼ばれる石燈籠が並んでいる。
これは全国の春日神社及び信奉者から寄進されたもので、本宮前には無数の燈籠が鎮座されている。また、社地である奈良公園内には、春日大社の神使である鹿が放し飼いされている。

参道内には東大寺から流れてきた観光客が数多くいた。
観光客の集団が少なくなったところをパシャリ。
もっと人通りの少ない時間帯に参拝したかったな・・・。

しばらく歩いていくと鮮やかな朱色で彩られた回廊が姿を現し、その一角に小さな鳥居と祠が建っている。

榎本神社
御祭神 猿田彦命
御由緒 春日の地主の神として尊崇され、本社御鎮座後一時安倍山(現奈良県桜井市)にお遷りになったが承平5年(935年)再びこの場所へ御帰座になった。
御神徳 寿命を守り給う神として信仰され安永4年には宮中より御祈祷を願い出られた。 又同時に導きの神、道開きの神として人生の岐路に御守護を願う人が多い。
(境内案内板より)

榎本神社は式内社に比定されており、現在の祭神は岐神である猿田彦命。
もともとは春日野一帯の地主神~即ち春日氏によって祀られていたが、平城京遷都に伴い、7世紀後半以降より台頭していた新興勢力・藤原氏により社地を交換させられたのではないかと推測される。
武甕槌命と榎本の神との土地交換の伝承話から想像できると思い…

奈良の社 日本最古の路 山の辺の道を歩く

Image
山の辺の道とは 日本最古の市場といわれている 海石榴市(つばきち・現在の奈良県桜井市粟殿)から、 奈良盆地東側の山々の裾野を経由 若草山(春日大社附近)まで35km程続く道。
そして、日本最古の路とも言われている。
小生は『山の辺の道』の一部しか歩いていないが、 長い歴史の薫りというのか、 郷愁めいたようなものを感じ取ることができた。
夜都伎神社から歩いて10分程度の所に 竹之内環濠集落がある。
環濠集落とは、集落の周りに濠(水濠・土濠)をめぐらし、 外敵からの侵入を防ぐもの。
竹之内環濠集落 奈良盆地には、集落の周囲に濠をめぐらしたものが非常に多い。 大和は、室町時代になると戦国期の動乱による影響を強く受け、自衛手段として防御する方法から、集落の周囲に濠を区画していたものと思われる。 そうした環濠も現在では、戦乱の防御から灌漑用に転用されたものが姿を留めている。
天理市では、竹之内町のほかに備前町、南六条町、庵治町の溝幡で環濠の痕跡をよく留めている。一般的に環濠集落は低地部で発達した集落の形態であるが、竹之内町のように標高百メートルの山麓に立地するものは、県下でも数少ない。
天理市教育委員会
龍王山から立ち昇る龍の如く、 神秘的な光が雲から差していた。


次回は、奈良市内に鎮座する大社です。