29 March 2012

奈良の社 奈良氷室神社

Location 日本, 奈良県奈良市春日野町
奈良氷室神社
(奈良市春日野町1-4鎮座)

氷室神社・楼門
氷室神社は、春日大社と東大寺の中間に鎮座する神社。
奈良公園周辺は、とにかく観光客が多過ぎて疲れてしまったが、氷室神社の境内に入ってみると、社外の喧騒がウソのように静まり返っていて、とても落ち着いた雰囲気で心地よさを感じることができた。

氷室社は社伝によると、平城京遷都とともに和銅三年(710)に春日大社の御神山である御蓋山の北麓を流れる吉城川・月日磐に氷室を奉祀したのが始りで、のち貞観三年(860)に現在地へ遷座したという。

拝殿
氷室神社
祭神:
闘鶏稲置大山主神、額田大仲彦命、仁徳天皇

氷室神社は、奈良市春日野に鎮座する。
和銅三年(710)の平城京遷都にともない、平城京東山の守護神として、また春日野に作られた氷池(製氷用の池)や氷室(氷の貯蔵庫)の守り神として祀られたのが始まり。 

祭神は氷室と貯水の方法を伝承していた闘鶏稲置大山主神と、その氷室を発見して奏上された額田大仲彦命と、献氷の典例を開かれた仁徳天皇の三神が祀られている。

本殿
奈良時代には、氷室社をはじめ、氷池や氷室は今の春日大社境内地にあって、厳寒期に氷池で凍らせた氷を氷室に蓄え、春分の日に氷室開きが行われ、九月まで平城宮に氷を献上していたという。
平安遷都後の貞観二年(860)に現在地に遷座され、興福寺の鎮守、南都の地主神、南都楽所の氏神としても崇敬された。

舞光社
境内社・舞光社は、南部舞楽の祖・狛光高霊という舞曲の達人を祀った社。
楽人たちの氏神とされている。

さてさて、氷室神社は春日大社に旧社地を奪われた経緯などから、仲があまりよろしくないようで、次のような伝説があるという。

拝殿より本殿を望む
話其の一
春日様(春日大社)は、氷室様(氷室社)の土地を三尺(1m)を借用する約束をしました。
この約束は、地下三尺のことでしたので、今でも春日の樹木はそんな大樹でも三尺以上根ざさず、少しの風でも倒れるのだといいます。 
話其のニ
昔、春日の神と氷室の神が喧嘩をしました。
その決着がまだついていないのに、若宮祭の御旅所を氷室の持地内に作るので、氷室の神は怒って毎年春日の神と神相撲をするという。相撲で負けた神様の祭の日には雨が降るとさ。

氷室神社側にかなり因縁を感じるのだが、春日大社内に鎮座する榎本神社の伝説と似たところが・・・。


次回は、大和国一宮です♪

No comments:

Post a Comment