1 April 2012

奈良の社 大和國一宮 大神神社 (三輪明神)

Location 日本, 奈良県桜井市三輪
奈良の社
大神神社 (三輪明神)
(奈良県桜井市三輪1422鎮座)

三輪明神こと大神神社は、神代の昔から日本神話の表舞台に登場してくる古社であり、日本で最も歴史ある重要な神社~聖域のひとつといわれている。

神社には本殿を持たず、三輪山(三諸山、神山、倭青垣山などとも称する)そして、山中に点在している磐座(大岩)や木々・土など全てが御神体であり、日本古来から続く自然崇拝(アニミズム信仰)が色濃く残存するお社である。
尚、山頂には高宮社という祠があり、頂にある奥津磐座をはじめとして、多くの磐座が存在するらしい。(三輪山は登拝できるが、写真などの撮影は禁止)

御祭神は大己貴神の和魂・大物主大神。
大蛇・小蛇の態様を持つ蛇神という神話から、水や雷を司る神様、酒造りの神様、国造り・国の守護神(軍神)、氏族神(太田田根子の祖神)である一方で祟りなす強力な神(霊異なる神)という数多くの側面を持つ神様である。

大鳥居
尚、小生のブログでさえ、今まで大神神社の参拝記を投稿していなかったにもかかわらず、当神社の関わる神話を記している項は・・・

出雲大社 「国造り神話」とダイコク様
(古事記:「国造り神話」)
古事記での建御雷神と建甕槌命
(古事記:崇神天皇と大物主大神)
奈良の社 大和神社
(日本書紀:崇神天皇と大物主大神)
箸墓古墳
(日本書紀:大物主大神と倭迹迹日百襲姫命)

等々と数多くあり、当神社の神威の高さを窺い知ることが出来ると思う。

二の鳥居
一の鳥居は綱越神社脇にあるという
加えて、日本書紀巻十四 雄略天皇の『少子部螺蠃(ちいさこべ・すがる)』においても大神神社の御神体・三輪山の記述がある。

雄略天皇は、少子部スガルに・・・
『私は三輪山の神の姿を見たいと思う。 
そちは腕力が人より優れているようだから、
そなた自ら行って捕えてきなさい!』
と、言われた。

スガルは
「試しにやってみましょう!」
と約束し、三輪山に登って大きな蛇を捕えてきて天皇にお見せしたが、その際天皇は斎戒(身を清めること)をされなかった。

すると、大蛇は雷のような音をたて、目をきらきらと輝かせた。
天皇は恐れ入って、目を覆って御覧にならないで、御殿の中に御隠れになってしまった。
その後、大蛇を山に放たれたとさ。

他にも古事記にて三輪山という名前の由来なども記されているが、それは折をみて・・・。
(にしても、皇族をバカにしているとしか思えない話ですな・・・文に隠された意味を「読む」のも記紀の楽しみ方に一つですが)

大神神社は、崇神天皇七年(紀元前91年)に天皇が物部連の祖伊香色雄(いかがしこを)に命じ、三輪氏の祖である大田田根子を祭祀主として大物主神を祀らせたのが始まりとされている。
尚、拝殿と禁足地との境に置かれている「三輪鳥居」が有名である。

参道
大和国一宮 大神神社(三輪明神)
御祭神
大物主大神(倭大物主櫛甕玉命)
配祀
大己貴神、少彦名神

参道
由緒
当神社の神体山に鎮まり坐す御祭神・大物主大神は、世に大国主神(だいこくさま)の御名で広くしられている国土開拓の神様であり、詳しくは倭大物主櫛甕魂命(やまとのおおものぬしくしみかまのみこと)と申し上げます。

古典の伝えによれば、神代の昔、少彦名命と協力してこの国土を拓き、農工商すべての産業開発、方除、治病、禁厭(まじない)、造酒、製薬、交通、航海、縁結び等、人間生活の守護神であらせられます。
後にこの神様の思召しにより、その御魂(幸魂・奇魂)を三輪山(三諸の神奈備)に永く御留めになり、それ以来、今日まで三輪山全体を神体山として奉斎してきました。それ故に、本殿を持たない、上代の信仰のかたちをそのままに今に伝えている我国最古の神社であります。

拝殿手前の注連縄
この三輪の地は古く大和の文化発祥の地で、政治・経済・文化の中心地でもありました。
三輪山麓を流れる初瀬川の水路の終点に、日本最古の市場であります海柘榴市(つばいち)が八十のちまたとして開け、又、南北に走る日本最古の産業道路である山の辺の道と共にこの三輪の地は交通の要所ともなったのであります。

第十代崇神天皇の御代には、文化も全盛を極め、更に中古からは大和国一の宮となり、二十二社の一つとして民衆の篤い信仰を集めてきました。
(三輪明神縁起より)

大神神社境内
社殿
当神社は古来本殿を設けず、拝殿が特に重要視されてきました。
現在の拝殿は寛文四年(1664)、徳川四代将軍家綱公が再建したもので、その技術の優秀なため重要文化財に指定されています。
西向きに建ち、桁行21メートル、梁行7メートル、正面に5.5メートル一面の殻破風造の大向拝がついています。

拝殿外観
拝殿の内側正面の両側には神饌物を献る御棚が設けられています。
この拝殿の左右に渡り廊下を通じて二つの建物があり、向かって右手の御殿を勅使殿といい、その昔宮中から勅使がみえた場合、この御殿で休息したものであります。
又、向かって左側の御殿は、勤番所といいます。
勤番所の東、拝殿の北側にあるのが神饌所で、神前にお供えする神饌一切の調理を行う所であります。

拝殿内部
(僅かに三輪鳥居の柱が見える)
三輪鳥居(三つ鳥居)
拝殿と禁足地(神体山のうち特に神聖な場所)とを区切るところ、即ち拝殿の奥正面に建っているのが「三ツ鳥居」であります。
この明神型の鳥居三つを一つに組み合わせた鳥居を通じて、御山を拝んでいました。
この「三輪鳥居」はいつ頃どのようにしてこの形式が出来たかは不詳でありますが、社蔵文書には、「古来、一社の神秘なり」と記録しており、本殿にかわるものとして、特に神聖視されてきたものであります。

巳の神杉
巳の神杉(みのかみすぎ) 
江戸時代には、「雨降杉」とあり、雨乞いの時に里の人々が集まり、この杉にお詣りをしました。いつの時代からか、杉の根本に、巳(み)(=蛇)が棲んでいるところから、「巳の神杉」と称せられるようになり、巳さんの好物とされる卵が、酒とともにお供えされています。

 蛇は、古来より三輪の神の化身として意識されており、『日本書紀』の崇神天皇10年9月条に、「小蛇(こおろち)」と記され、『同紀』雄略天皇7年7月条には、三輪山に登って捉えて来たのが「大蛇(おろち)」であったと伝えています。

いずれも、三輪の神がその原初的形態として、蛇神であると信じられていたことを示していると考えられます。
 これは、古代の人たちが、三輪山は千古鉞(おの)を入れず鬱蒼たる森林として、何がひそんでいるかわからない不気味さを覚え、そのお山から流れ出る水により、種々の農作物を作り、日々の暮らしをたて、山に立ち昇る霧や雲に神意を感得して、山内に棲む蛇を直感したものであったのでしょう。

三輪の神の原初の形とされる蛇は、水神であり、雷神ともなり、農業神、五穀豊穣の神となり、やがては国の成立とともに、国家神的な神に至ったと考えることができます。

社務所内にある「なで兎」
大神神社「なで兎」
卯は神社にとり、ご神縁の日として崇神朝以来、卯の日にお祭りを毎月奉仕しております。
卯は兎にあてられ、この兎は江戸時代より一の鳥居前の大燈籠の火袋を守っていたものであり「なで兎」として伝わっています。
(以上、三輪明神縁起等より)

次回は、大神神社の境内社についてです♪

No comments:

Post a Comment