遠江國一之宮 小國神社 境内社と天竜浜名湖線

小國神社
滝宮社・八王子社・飯王子社と美しい自然

宮川
小國神社の境内を流れる宮川。
川沿いには、もみじと桜の木々が植えられており、
春には見事な桜、そして秋には美しいもみじの紅葉が見れるらしい。

滝宮社
宮川の畔にひっそりと鎮座している滝宮社。
ちょっとした山道を登って祠へ進むと、
御祭神・須佐之男命が退治した八岐大蛇のように
根が八方にうねっている。

滝宮社
祭神 須佐之男命
古来より滝宮地内の守り神と仰がれ、
また病魔除け災難除けの神として崇敬される。
社殿より眼下には小さな滝がある。

御神木「大杉」の根株
慶長年間の古図に大杉と記されていた老杉だったが、
昭和四十七年の台風により倒木。

古より願掛け杉・福寿杉・虫封杉とも伝えられ、
洞穴に散銭して心願を祈願したという。

事待池
参道沿いにある神池は事待池と呼ばれており、
白濁とした池水がとても神秘的。

本社に詣で願掛けをして心願成就すれば
池に鯉を放つので「ことまち池」と言われ、 
池の水を汲み「いぼ」につけると「いぼ」がとれるというので
「いぼとり池」とも称されている。

池に架かる太鼓橋を越えたところに
覆屋で護られた祠がある。
現在は八王子社であるが、以前は並宮が坐していたという。
尚、手前には宗像社が祀られている。

八王子社
御祭神 国狭槌命・五男神三女神

国土の守護神であり災難除けの御神徳極めて高い。
例祭には奉射神事があり、
五穀豊穣・疫病鎮送を祈り二手半(五本)射る。

飯王子社
そして、大鳥居の前にひっそりと鎮座しているのは
飯王子社で、御祭神は保食神。
遠州横須賀地方の五穀豊穣守護の神で、
社殿は遠州横須賀地方を向けている。

遠江一宮駅

そして、小國神社から遠州一宮駅へ。

ローカル線で車両は一両編成。
(二両編成の場合もあります)

駅舎の前に立っているのは
マスコットキャラの大国主命くんと因幡の白兎さん??

長閑~なホーム。
乗客は私のみ・・・。

駅名は「とおとうみいちのみや」
リコーのロゴマークと『OA』という言葉に
郷愁を覚えてしまいます。

とても可愛らしい電車。
こういう電車に乗っていると、
心も不思議とスローな気持ちになります。




次回は、一気に飛んで、尾張国・名古屋に坐するお宮さまです♪

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社