熱田神宮 別宮八剣宮と境内社

伊勢への道
熱田神宮 八剣宮 その他境内社

別宮前鳥居
熱田神宮の南鳥居を潜って西方向の参道を進んでいくと、八剣宮という別宮がある。
八剣宮は熱田神宮の第一摂社とされており、御祭神も本宮と同じ熱田大神。
『尾張國愛智郡 八劔神社』として、延喜式神名帳に記載されている。

別宮 八剣宮
別宮 八剣宮 (はっけんぐう)
祭神 熱田大神
式内社
元明天皇和銅元年(708)9月9日に勅命により神剣をつくり、境内に社を建てて、これをお納め祀ったことが御鎮座の創始であります。建築様式をはじめ、年間の祭典・神事に到るまで全て本宮に準じて執り行われます。
古来より武家の信仰が殊に篤く、天正3年織田信長は長篠に出兵の際社殿の修造を命じ、又慶長4年家康は拝殿・回廊・築地の修造を、貞享3年将軍綱吉は本殿の造替を行った等の記録が残っています。

八剣宮 境内
(写真左にある木は「太郎庵椿」)
別宮の境内には上知我麻神社という式内社があったが、カメラのレンズに雨滴が付いてしまい、どの写真も使えない・・・ということで割愛。
上知我麻神社は、本宮相殿に祀る宮簀媛命(みやすひめのみこと・日本武尊の妃)の父君である尾張国造「乎止與命(おとよのみこと)」を御祭神としている。
また、神宮北西には、乎止與命の妃・真敷刀俾命を祀る下知我麻神社が鎮座している。

日割御子神社
熱田神宮の境内には、多くの摂社が点在しており、中には明神大社に列せられていた社もある。日割御子神社の祭神・天忍穂耳尊は、アマテラスとスサノオとの誓約の際に生まれた神さまで、国譲り神話や天孫降臨の際に登場している。
また、孫若御子神社の祭神・天火明命は、天忍穂耳尊の御子神で、尾張氏の祖とされている。

日割御子神社
祭神 天忍穂耳尊(あまのおしほみみのみこと)
式内名神大社
境内の最東南端に鎮座している。この鎮座地は往古、海に臨む「干崎(ひさき)」と呼ばれたと伝えられており、日割(ひさき)の語源ともなっている。

御祭神の天忍穂耳尊は、天照大神の御子神で、尾張氏の祖・天火明命、そして天孫降臨の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の祖神である。
(当Blog⇒古事記国譲り神話の項を参照・・・冒頭に出てきます)

孫若御子神社
孫若御子神社
祭神 天火明命(あまのほあかりのみこと)
式内明神大社
尾張氏の祖とされる天火明命(あまのほあかりのみこと)をお祀りしております。式内名神大社に列せられております。 もとは境内の別の位置に鎮座していましたが、明治7年現在地に遷座されました。

徹社
徹社
御祭神 天照大神 和魂
天照大神の和魂(にぎみたま)を御祭神にお祀り致します。
尚、天照大神の荒魂を祀る一之御前神社は神宮本殿奥にあり、参拝不可能。

南新宮社
南新宮社
祭神 素盞嗚尊(すさのおのみこと)
「京都祇園まつり」で有名な八坂神社のご祭神と同じ素盞嗚尊(すさのおのみこと)をお祀りし、6月5日を祭日として南新宮社祭を行っています。
当神宮唯一の丹塗りの社殿。

楠之御前社
楠之御前社
祭神 伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉册尊(いざなみのみこと)
伊弉諾尊・伊弉册尊の二柱をお祀りしております。 俗に「子安の神」又は「お楠さま」と呼ばれております。 
尚、このお社には社殿がなく、垣をめぐらした中に社名の示すとおり、楠の神木が祀られております。

熱田神宮には、神器・草薙剣を祀る神宮としての側面があるのと同時に、古代より続く有力豪族・尾張一族とその祖先神を篤く祀る社としての側面があるように感じた。
また、大雨を気にしてくださったのか、頂いた朱印帳にカバーをつけて下さったり、早朝参拝にもかかわらず、温かいお言葉をかけてくれた神職さんに感謝。



次回は、熱田神宮の境外摂社についてです♪

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社