Posts

Showing posts from August, 2012

奥多摩の社 『奥多摩の神域』 羽黒三田神社

Image
羽黒山大権現
(東京都西多摩郡奥多摩町氷川1365鎮座)
羽黒三田神社は、奥多摩の山麓に鎮座する神社。
稲城市・穴澤天神社、国立市谷保天満宮、そしてあきる野市鎮座の穴沢天神社とともに延喜式神名帳「多磨郡 穴澤神社」の論社とされている。

鎮座地の山麓の清泉湧き出る洞穴を『穴澤』と称したことが由来とされており、近隣の『葦沢』という集落名から起因したとする説もあるという。

羽黒坂
奥多摩湖に通じる国道411号線から細道に入ると、なかなかキツイ坂が待ち構えている。

羽黒坂
山手の石段七十三段上に古社羽黒三田神社が鎮座して坂の名となりました。
旧青梅街道が明治三十二年に改修されてからは、小河内方面で生産された木炭運びの多数の馬力・大八車・背負い荷の人々と青梅・氷川方面からの上げ荷の人々が苦労した坂です。
奥多摩町教育委員会

羽黒坂を登っていくと、石段、そして鳥居が見える。
鳥居をくぐると祭事が開催されていると思われる広場があり、そこでも御老人達が元気にゲートボールをしていた。その広場の先にはさらに長――い石段が待ち構えていた。

左:随神門 右:神門内にあった神輿
石段の途中に神門がある。
神門の中には二体の古ぼけた神輿が祀られていた。
周囲の雰囲気と重なり、かなり怖い雰囲気・・・。

やっとこさ石段を登りきった><

と、思いきやまだまだ上り坂は続く・・・。
そば屋でビール飲まなきゃよかったと後悔。

途中あった集落を越えていくと、舗装道はなくなり登山道へ変容していく。
ストックを持ってこなかったので、結構シンドい・・・。

足場の悪い山道を歩いていくと、ようやく鳥居が姿を現してきた。
太陽光に照らされて、とても神秘的な参道。
『神々しい』風景とは、正にこのような景色のことを言うのだろう。

羽黒三田神社
本社御由緒

御祭神 
正殿 高皇彦霊神、少彦名神
左殿 天穂日命 右殿 倉稲魂命
創立
起源は社記に人皇五十六代清和天皇の御代、貞観三幸巳年(861)出雲国の人土師連行基と云う人が東国に下向し、本郡御嶽山に請り神の告を蒙り、この村に来て、高皇彦霊神、少彦名神二社の神を祭り、これを穴澤天神と称した。

由緒
本社南山麓に清泉湧き出する洞穴あり、これを穴澤と称した。
又、葦沢という集落名から起因したとする説もある。
左殿に天穂日命を祭り、これを調布郡祖の社と称す。一二は川邊神社と称したり。

奥多摩の社 奥氷川神社

Image
奥氷川神社
(東京都西多摩郡奥多摩町氷川178鎮座)

御嶽駅からJR青梅線に乗り、終点奥多摩駅へ。 奥多摩駅の駅舎は、イギリスのテューダー様式のカントリーハウスを彷彿される佇まい(笑) 景色を眺める前に、駅周辺にあったそば屋で食事&一杯。
神社に向かう途中、懐かしい看板を発見。 写真フィルムがまさか旧時代のものになろうとは、当時のモデルさんも考えてもいなかった筈。 因みにサクラカラーとはコニカ~小西六の写真フィルムのことです。
さて、奥氷川神社はJR青梅線の終点奥多摩駅から徒歩5~6分の位置に鎮座するお社。
大宮区の武蔵国一宮氷川神社、所沢市の中氷川神社と共に武蔵三氷川の一社といわれ、一直線上にあるといわれている。

奥氷川神社
祭神
素戔嗚尊、奇稲田姫命

奥氷川神社・本殿
この社は(旧)大宮市の氷川神社、所沢市の中氷川神社と共に武蔵三氷川の一社といわれ、まら、氷川の地名はこの社から起こったといわれ、その歴史の古さが伺われます。
現在の本殿は元禄年間(1668~1704)に建てられたもので、町内では貴重な存在です。
(奥多摩町教育委員会案内板)

都天然記念物 氷川三本スギ
所在 西多摩郡奥多摩町氷川一七八番地
奥氷川神社 指定 大正十五年四月
氷川三本スギとして有名な、奥氷川神社境内のこのスギは社殿の左側にあり、甲州裏街道に臨んでいる。大正十三年の実測によると目通り幹囲は七・二七メートル、高さは四二・四二メートルであった。現在では目通り幹囲七・三六メートル、高さは四九・三メートルある。
幹は根もとから約三メートルのあたりで三本に分岐し、おのおの直立している姿から、三本スギの名があり樹勢は旺盛である。
鎌倉時代に植えられたものであるという伝説をもち、以降神木として保護された都内最大のスギである。
昭和四十四年十月一日 建設
東京都教育委員会

境内では御老人達がゲートボールをされていたので、邪魔にならないよう参拝した。
武蔵國を横切る『レイライン』が走っている等といった壮大な古代ロマンとは裏腹に、社の雰囲気は長閑な田舎のお社で、小休憩するにはもってこいの社でした。

次回は、奥多摩の山麓に鎮座する社です♪

大岳神社と、奥多摩 - 鋸山 - 大岳山ハイキング

Image
ゴールデンウィークの話ですが、 ハイキングを兼ねて奥多摩に行って参りました。
奥多摩駅~愛宕山~鋸山~大岳山~御岳山ルートで 約6時間弱のハイキング。 まずはスタート地点の多摩川上流をパシャリ。

奥多摩駅から見える手前の山が愛宕山。
早速、急こう配の石段の洗礼。 石段の先を越えると、愛宕神社が鎮座しております。
愛宕山からしばらく樹林帯の山道が続く。 所々に岩場もあるが、よく整備されていて安全です。
そして、鋸山山頂(標高1109メートル) 樹林帯なので、眺望はありませんでした。。。 ここで昼食。
鋸山から大岳山まで尾根伝いにハイキング。 眺望も広がっていて、とても心地良い。
そして、奥多摩三山・大岳山の山頂に到着!
標高1266メートルです。
運よく山頂からは、富士山が見えました。 やっぱり、富士山は登るより、遠くから眺める方が好きです。
大岳山頂から御岳山方面に向かうと、 大岳神社が鎮座していました。
大岳神社の祭神は、広国押武金日命、すなわち安閑天皇。 中世以降は大岳金峰山蔵王権現ともいわれ、 武蔵御嶽神社同様に、吉野の蔵王権現を勧請したという。
三峯神社同様、狛犬ならぬ狛狼がお社の前に鎮座していた。 奥多摩~秩父地方に根強く残る山犬信仰。
大岳山の南に位置する桧原村に大岳神社の里宮があるという。
境内に坐していた磐座に趣きを感じます。
ちなみに下山後、ケーブルカーは大混雑。 数時間待ち覚悟だったので、麓のバス停まで歩いて下山しましたとさ。
次回は、奥多摩に鎮座する氷川の社です。


奥多摩の社 武蔵御嶽神社 玉垣内の摂末社

Image
今回は武蔵御嶽神社の境内社について。
本神社の境内社の多くは玉垣内に鎮座しているが、平成19年より玉垣内の摂末社への自由参拝が許可された。
社殿前の華やかな雰囲気とは趣を異にし、とても静寂としていて神域を感じずにはいられない所だった。

大口真神社は、武蔵御嶽神社本殿の真裏にあり、最も高い位置(御岳山頂)に坐している社。

大口真神社
御祭神 大口真神

由緒
日本武尊が東征の際、この御岳山から西北に進もうとされたとき、深山の邪神が大きな白鹿と化して道を塞いだ。尊は山蒜(やまびる)で大鹿を退治したが、そのとき山谷鳴動して雲霧が発生し道に迷われてしまう。
そこへ、忽然と白狼が現れ、西北へ尊の軍を導いた。
尊は白狼に、「大口真神としてこの御岳山に留まり、地を守れ」と仰せられ、以来、御嶽大神とともに「おいぬさま」と崇められ、関東一円の信仰を集めている。

常盤堅磐社(旧本殿)
全国の一の宮が祀られており、現在の本殿が明治十年に建て替えられた際にここへ移築されました。旧社殿の建立年代は元禄年間とのこと。
尚、社殿自体の建立年代は徳治二年(1307)に壬生氏によって造営が行われたという。

太占祭場
儀式は1月3日早朝、非公開にて行われる。
占いを司る当社主祭神「櫛麻智命(呪術・智恵の神)」のお力をいただき、鹿の肩甲骨を火で焙り、割れ具合から作物の豊凶を占う神事で、現在では群馬県貫前神社と当社だけに伝わる。
(尚、祭事は非公開・立ち入り禁止です)

皇御孫命社
御祭神 天瓊々杵命(あめのににぎのみこと)
江戸時代後期の社殿で、屋根の軒先には三葉葵の紋があることから、元は東照社だったという。

神門前に坐している狛犬・・・。
というか、どうみても狛ブタ?イノシシ??
とてもユーモラスでかわいらしい。

神明社
御祭神 天照皇大御神、豊受比賣神
神明さまと呼ばれ信仰をされる伊勢神宮の神霊をお祀りしている。

巨福社
御祭神 埴山比女神
農作物を豊かにしてくれる土の神。
古来より、お社の回りの土は霊験が強いとされ、御嶽神社の山砂を持ち帰って、それを田畑に撒くと、土の霊力によって虫の害を防ぐことが出来るという信仰が今でも残っているという。

二柱社・八柱社
二柱社 伊邪那藝大神 ・ 伊邪那美大神
八柱社 春日社 ・八幡社・こかひ社・八雲社・座摩社・月之社・國造社・八神社

その他玉垣内には東照社、北野社が祀ら…