槍ヶ岳登山行 -2 (坊主岩屋下~槍ヶ岳山荘)

前回リンク⇒http://travelog-jpn.blogspot.jp/2012/10/1.html (上高地~坊主岩屋下まで)

坊主岩屋下 (2650メートル)
感動の槍先とのご対面のあと、
早く山小屋に到着すべく登坂しはじめた。

しかし、目の前に槍先と山小屋が見えるのに、
いくら進んでも辿り着かない・・・。

先ばかり見ても、なかなか辿り着かなくて焦ってしまい、
かといって目前のことばかり見ていると、全体像が掴めずに道を見失ってしまう。

・・・まるで、人生そのものですね。

播隆窟
しばらく登っていくと、大きな岩屋が。
ここは播隆窟と言われる岩窟らしい。

播隆窟
槍ヶ岳初登攀・開山をなしとげた念仏行者播隆が
その都度利用した岩屋。

播隆行者は五回槍ヶ岳登山をしたが、
天保五年(1834)の第四回登山の時は、
この岩屋で五十三日間も篭り、念仏を唱えた。

殺生ヒュッテ(2850メートル)
・・・ようやく本日宿泊する殺生ヒュッテに到着。
手前の小屋(槍沢小屋)を午後12時前に出発できれば、
足取りが遅くても何とかなります。(好天の場合)

ちなみに、夜は9月末でも、氷点下になる可能性が大なので、
防寒着は忘れずに。
(小生は、小屋内では、厚手のダウンジャケットとフリースを重ね着してました)

二日目の朝
朝日の当った槍の穂先が雄大。
天気は快晴。
いざ、登坂開始。

いままで登ってきた道程を振り返ってみると、
見事な絶景。

また、吹き降ろしの風がヒンヤリ冷たく、
とても心地良い。

最後の急坂

ガレているように見えますが、
登山道は整備されているので、とても安全です。

殺生ヒュッテでゆっくり泊まれたせいか、
心身共にリフレッシュ状態で突き進むことができました。

槍ヶ岳山荘(3060メートル)
槍ヶ岳山荘に到着。
やったねー。

槍沢
山荘から今まで登ってきた道を眺める。
背後には7月に登った常念山脈がくっきりと見ることができる。
とても雄大な景色に、ちょい感動。


次回は、いよいよ槍の穂先、槍ヶ岳頂上へ!

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社