20 October 2012

槍ヶ岳登山行 -6 (天狗原から見た槍沢の紅葉)

Location 日本, 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂445
前回リンク⇒http://travelog-jpn.blogspot.jp/2012/10/5.html(大キレットからの御来光)

常念岳山頂から見た槍連峰

分かり易く今回の山行を説明すると・・・
右に聳える尖峰・槍ヶ岳から左端の南岳まで縦走しました。

2012年7月。常念岳山頂で見た槍穂高連峰の雄姿を見て、

『いつか登ってみたい・・・』

と、思ってみましたが、
まさか数か月後に登るとは思いませんでしたー。

天狗原分岐(2970メートル)
さてさて、南岳と中岳との間にある天狗原分岐。
天空の稜線散歩ともお別れ・・・
少し残念な気がするが、天狗原に向かうルートで帰路に着きます。

槍沢カールと東鎌尾根
分岐から見た槍沢カール。
登ってきたときよりも、ほんのり葉に色が着き始めている。
行きに登った山道もよく見えます。

岩尾根の鎖場
ここからは真剣に山と対峙。
天狗原への尾根道は、いきなり鎖場が待っています。
(登りの場合だと、最後の難関ってヤツです)

鎖場の途中から見た槍ヶ岳。
100メートル位一気に降りた地点かな?
初日に泊った赤い屋根の殺生ヒュッテもよく見えます。

ハシゴ場から見た横尾本谷
そして、錆びた二段ハシゴへ。
二段目のハシゴは折れ曲がっていますが、大丈夫。

前日ヘリで救助されていた遭難者も、
岩尾根で道をロストしてしまい身動きが取れなかったようです。
(特に下りだと、分かりづらい箇所があるのでご注意を)

横尾尾根のコル(2700メートル)
一気に300メートル下ると、横尾尾根のコルに到着。
岩尾根を抜けて、ようやく安堵の気持。

天狗原は通称「氷河公園」とも呼ばれており、
数メートルもの巨岩が無数に転がっています。
こういった巨岩はモレーンと言い、氷河の移動によって削り取られたものです。

ヒマラヤのランタン谷や登ったキャンジン・リも、
こういった巨礫が多く、地形的な雰囲気もよく似ていました。

天狗原
モレーン(巨岩)をピョンピョンと飛び移りながら下りていくと、
天狗原が近づいてきました。

そして、天狗原に下りると、
彩美しい木々が僕たちを出迎えてくれました。

なんとも贅沢な紅葉の小径。

人の手が加えられていない木々の色は、
北アルプスの空気のように澄んでいて、
街中で見ることができる紅葉樹とは全く異っているように思えた。

ゆっくり紅葉散策したかったのですが、
この後7時間以上、下山のために歩かなくてはならなかったので、
残念ながら先を急ぐことに・・・。

槍ヶ岳と天狗原の紅葉
とはいうものの、
やはり天狗原から見た槍ヶ岳も撮っておきたいので
しっかりパシャリ。

登山時と比較すると、木々の色が変っていて、
山の季節の推移の早さに驚かされる
天狗池と「逆さ槍」(2530メートル)
槍ヶ岳屈指の撮影ポイント、天狗池に到着しました。
ここで写真を撮れば、誰でも一流写真家になることができます(笑)

天狗池に到着する頃、ようやく雲がとれて、
数十分だけ陽が差すようになった。

本当に天気運がよいです。

秋の槍沢カールと槍ヶ岳

写真集や雑誌でしか見ることができなかった
秋の「槍」の風景を肉眼で見ることができて本当に幸せ。

こういう景色は、汗と苦労をしないと拝むことはできないし、
険しい道程を越えてきたからこそ、さらに画が映えて見えます。

・・・小生は写真を見ながら、いまだにウットリとしていますが(笑)

この後はカメラをリュックの中に収納し、一気に下山。
怪我等のトラブルもなく、15時30分頃に上高地に到着しました。

龍雲
終日天気も良く、
憧れの槍ヶ岳も登頂でき、
3000メートル超級のピークハントも行い、
山頂から美しい夕暮れと夜明けの御来光を拝むことができ、
おまけに美しい紅葉も見ることができて、
本当に運が良かった山行でした。

来年の目標は、穂高連峰縦走(穂高神社嶺宮参拝)。
頑張って精進したいと思います。



次回以降は、栃木県・日光のお社です。


No comments:

Post a Comment