18 March 2013

伊勢國一宮 都波岐神社・奈加等神社

Location 日本, 三重県鈴鹿市一ノ宮町1181
都波岐神社・奈加等神社
(三重県鈴鹿市一ノ宮町1181鎮座)

『伊勢國一之宮』と称したお社は、前回の椿大神社のほかにもう一社存在する。
鈴鹿川の畔にあり、鈴鹿街道(国道23号)の近くに坐する都波岐神社・奈加等神社である。

都波岐神社の祭神は、猿田彦大神、奈加等神社の祭神は、中跡直の祖であるとされる天椹野命(あまのくののみこと)と中筒之男命(なかつつおのみこと)。

境内社として小川薬王子社、神明春日社の二社がある。

神橋と拝殿
創立は、雄略天皇二十三年で、猿田彦大神八世の孫、伊勢國造高雄束命が勅を報じて伊勢國河曲県中跡里(現在地)に二社を造営し、その一社を「都波岐神社」、他の一社を「奈加等神社」と称したのが始まりという。

本殿
境内はこじんまりとしており、また、社叢も少なく、拝殿も鉄筋コンクリート造なのも影響しているせいなのか、はたまた近くの工業団地のせいなのか、物寂しげな感じがする。
(拝殿は、平成九年に不審火により焼失してしまったという。)

猿田彦大神の石碑
上の石碑は、明治年間に名古屋市の方から寄贈された猿田彦大神の碑らしいです。

次回は伊勢國二宮を・・・と行きたい所ですが、もう少し猿田彦ゆかりのお社についてでも。

No comments:

Post a Comment