阿武隈の社 安達太良大明神 安達太良神社 

安達太良神社
(福島県本宮市本宮舘ノ越232鎮座)

鳥居
安達太良神社は、阿武隈川東岸の高台(菅森山)に鎮座する社で式内社飯豊和氣神社の論社で、西方に聳え立つ火山安達太良山を遥拝するような位置に鎮座している。

本神社は、安達太良山峰に鎮座されていた開拓神
飯豊和氣神、飯津比賣神、陽日温泉神、禰宜大刀自神
(甑明神・矢筈森明神・剣山明神・船明神)

と、大名倉山(本神社の西にある標高576メートルの前山)に鎮座されていた
宇奈己呂和氣産霊二神(高皇産霊神・神皇産霊神・・・俗に宇奈明神・・・穀物神)

とを、久安二年(1146年)合祀して「安達太良大明神」と称し、現鎮座地にて祀ったのが起源という。

ちなみに郡山市内の明神大社宇奈己呂和氣神社については下記リンクを参照。
宇奈己呂和氣神社

左:参道  右:参道脇の巨木

鳥居から先はなかなか急峻な坂。
樹木が生い茂り、中には太い根回りをもった巨木もあり、実に心地良い。

社殿
文化十三(1816)年建立
安達太良神社
当社は俗に「明神さま」と呼ばれて氏子中に親しまれ、安達太良山と相対し、本宮の市街地を一望に見晴らすことができる丘上にあり、神杉鬱蒼として清々しく、神の鎮まりますに相応しい、絶好の霊域にあります。

扁額と屋根に描かれていた絵
由緒
当社は、近衛天皇の御代、久安二年(1146年)安達太良山の峰々に鎮座されていた飯豊和氣神・飯津比賣神・陽日温泉神・禰宜大刀自神、俗に甑明神・矢筈森明神・剣山明神・船明神と、大名倉山に鎮座されていた宇奈己呂和氣産霊二神(高皇産霊神・神皇産霊神)、俗に宇奈明神とを合せて祀って安達太良大明神と称し、安達郡の総鎮守として広く崇敬されて現在に及んでいる。
なおこの時、本目村と呼ばれていた当地を本宮村に改めたと伝えられている。

本殿
御祭神
高皇産霊神、神皇産霊神
宇奈明神は、天之御中主神と共に成りませる、造化の三神として尊崇される神々で、全てのものをむすび、むすばせ給える、生成霊威の神さまです。
飯豊和氣神(甑明神)、飯津比賣神(矢筈森明神)
当地方開拓の祖神様です。
陽日温泉神(剣山明神)
大己貴神、少名彦那神と合わせた、温泉医療の神さまです。
禰宜大刀自神(船明神)
神職の祖神として祀られています。

神楽殿
現社殿
文化三年二月十六日(1806年)の大火により、本宮両町の殆どを焼失し、当社も御本社・拝殿・神楽殿・宝蔵及び末社まで類焼しました。同年九月仮社殿完成しましたが、再び全焼。
現社殿は文化十三年完成し、同年九月に遷宮されました。

境内末社
花山稲荷神、貴船神社(蛇神様)、風神社(足尾様)、津島神社(きゅうり天王様)、金比羅神社、天満宮、疱瘡神社、熊野様、古峰神社等
(以上、境内案内より)

神社の高台から阿武隈川を望む。
先に見える山は岩角山という山だそうです。

次回は山全体が御神域の社です。



Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社