関東の古社 楡山神社(武蔵国)

楡山神社
(埼玉県深谷市大字原郷336番地鎮座)

楡山神社は、埼玉県深谷市に鎮座するお社で、『延喜式神名帳』での「武蔵国幡羅郡四座」のうちの一社。
深谷市一帯の幡羅(はら)郡は北武蔵最大の郡で、大量の湧泉があり古くより水田として造成されていた地だったという。
また、住所名の「原郷」は幡羅郡の中心地という意味だそうだ。

御神木
門前には、社名の由来ともいえる樹齢600年のニレ(楡)の巨木があったのだが、現在は残念ながら根を残すのみ。しかし、切幹からは青々と葉が茂っていた。

木の生命力の力強さにただただ感服。

境内
本神社は、伝承によると。孝昭天皇の御代に鎮座といわれており、御祭神は伊邪那美命。
江戸時代には瑠璃光寺を別当とし、「楡山神社」の社名の他に「楡山熊野社」、「熊野三社大権現」などと呼称されていた。
また、鳥(八咫烏)を神の使いとして尊ぶ慣習があり、熊野信仰の影響が色濃い社であるようだ。

拝殿
楡山神社
楡山神社は平安時代に編纂された「延喜式神名帳」に記されており、楡山の由来は往古この地方この地方一帯に楡樹が繁茂したことによる。正面に樹齢600年の楡の木があり、代々神木とされ、天然記念物として県の指定を受けている。

本殿
江戸期、熊野信仰に伴い、「熊野三社大権現」と合祀、幡羅郡の総鎮守として楡山熊野社と称したが、明治になり楡山神社にもどした。
祭神は伊邪奈美命である。

狛犬
本社後方に塚があり、これを犯した者は災害あるといわれ里人はここを不入の地としたと伝えられる。
里人はこれを守り、鳥を神の使いとして尊ぶ慣習があり、熊野崇敬の遺風といわれている。
文化財は和琴、磐笛、熊野三社大権現の扁額である。
(以上、境内案内板より)

大物主神社の石祠
社殿後方には「大物主神社」の看板が建てられ、その先には不思議な形状をした石と祠が賽神のように坐していた。

楡山神社の奥の森は、「里人不入の地」と言われており、かつて、本社後方には洞口があった塚があり、村人そがれを破って入ろうとすると災害が起こる、という言い伝えがあったという。

荒神社
諏訪神社、春日神社を合祀した荒神社がひっそりと鎮座している。

荒神社、大物主神社以外に、知々夫神社、伊奈利神社、八坂神社、大雷神社、手長神社、天満天神社、招魂社などが境内末社として祀られている。

次回も引き続き武蔵国の古社です。


Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社