23 November 2013

平将門所縁の社 國王神社 (下総國)

Location 日本, 茨城県坂東市岩井
國王神社
(茨城県坂東市岩井951鎮座)

社頭
茨城県坂東市は鉄道が市内に通っておらず、乗用車なしでは巡るのがとても難しい町。
諸般の事情で、車でこの方面に向かうことができたので、近隣のお社巡りをしてみました。

旧岩井市街から結城街道に向かうと、深い社叢に包まれた國王神社が鎮座しています。
國王神社の御祭神は平将門で、崇徳院、菅原道真と並び日本三大怨霊の一人と畏れられ、平将門の終焉の地に建立された社として有名です。

境内
鳥居をくぐると、長い一本の参道が続き、その先に茅葺屋根の小ぢんまりとした社殿がひっそりと佇んでいる。
参道周囲は深い木々のせいか、昼間にもかかわらずとても薄暗く、まるで将門の神霊が浮遊しているかのような雰囲気がムンムン・・・。

拝殿
下総国の武将であった平将門は、女性問題や遺領の配分等巡って一族と争い、その後、常陸国の国府襲撃にはじまり、下野(栃木県),上野(群馬県),武蔵,相模(神奈川県)の諸国を配下におき、八幡大菩薩の神託を得たとして新皇と称して『坂東八カ国の独立』を宣言し、下総国猿島郡石井(鎮座地)に王城の建設を始めた。しかし、結局平貞盛や下野国の藤原秀郷らによって滅ぼされた。

扁額と注連縄
平将門公の三女・如蔵尼は平将門の戦死の際、難を逃れ奥州の恵日寺付近に庵を結び出家し隠棲していたが、父の33回忌だった天禄3年(972年)に霊夢を得て、奥州から下総の地に帰郷し、父・将門の最後の地に戻り、傍の林の中より怪木を見つけて、父の霊像を刻み、翌春2月14日に祠を建て「国王大明神」の神号を奉ったのが創始とされ、「寄木造 平将門木像」(茨城県指定文化財)を御神体としている。

拝殿内
国王神社
祭神は平将門である。
将門は平安時代の中期、この地方を本拠として関東一円を平定し、剛勇の武将として知られた平家の一族である。
天慶三年(940)二月、平貞盛・藤原秀郷の連合軍の連合軍と北山で激戦中、流れ矢にあたり、三十八歳の若さで戦死したと伝えられる。

本殿
その後長い間叛臣の汚名をきせられたが、民衆の心に残る英雄として、地方民の崇敬の気持は変わらなかった。本社が長く地方民に信仰されてきたのも、その現われの一つであろう。

本社に秘蔵される将門の木像は将門の三女如蔵尼が刻んだという伝説があるが、神像として珍しく、本殿とともに茨城県文化財に指定されている。
坂東市
(境内案内板より)

尚、鎮座地周辺は近年発掘された宮内遺跡があり、製鉄時に出た鉄滓等が多数発掘されたということから、恐らく多くの刀剣類がこの地で作られたと思う。
将門は、「反りを持った最初の日本刀を作らせた武将」と言われているので、きっと多くの刀匠がこの地に居住して、将門に良質な刀剣を献上していたのであろう。

宮内遺跡
神社北東側にある遺跡で2011年に発掘調査がなされた。遺跡の年代は古墳時代から平安時代で、大型竪穴住居跡64棟や倉庫、製鉄の鍛治工房と思われる建物群の柱跡、遺物や鉄滓等が多数発掘された。

拝殿より境内を望む
平将門伝説所縁の社なだけあって、とても幽玄な雰囲気が漂ったお社でした。
本神社近隣にもゆかりの史跡等が多くありましたが、時間の都合で巡ることができませんでした。

次回もまだまだ続きます。

No comments:

Post a Comment