18 December 2013

関東の古社 伊香保神社(上野国)

Location 日本, 群馬県渋川市 石段街
伊香保神社
(群馬県渋川市伊香保町伊香保1鎮座)

石段街
上州屈指の名湯のひとつ、伊香保温泉。
この地にはかつて明神大社に列せられ、上野国三宮になった伊香保神社があります。
(ちなみに上野国一宮は、一之宮貫前神社、二宮は二宮赤城神社です)

本神社はかつては山岳信仰の社で「いかつほの神」(榛名山)を祀ったお社。
有名な石段街を登った頂上に鎮座しております。

拝殿
御祭神は大己貴命と少彦名命。
創建は、社伝によると、第11代垂仁天皇朝時代(紀元前29~70)の開起。
略記には『字香東』、延喜式では『伊加保』、上野国神名帳では『伊賀保』とあり、現在の伊香保は恐らくこれらの当て字なのでしょう。

氷柱が張った本殿
伊香保神社略記
所在地
字香東 現、群馬県渋川市伊香保町伊香保1
御祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)(大国主神・葦原色許男神・八千矛神・宇都志国玉神)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
例大祭
9月19日。第五十四代仁明天皇の承和二年(西暦835年)九月十九日大社の社号を授けられたことに由来している。
本殿 拝殿
伊香保温泉街365段の最上段に鎮座し、南に榛名山を配し、北東には、越後連山が眺望される位置にあり、明治十一年(1877年)春、伊香保大火により、焼失後仮宮として建立、現在に至る。

境内社
由緒 沿革
第十一代垂仁天皇朝時代(紀元前29~70)の開起と伝えられ、第五十四代仁明天皇朝(833~850)承和2年(835年)9月19日名神大社に15階の位階については、承和6年(839年)6月従5位に列す。累進して第五十七代陽成天皇朝(876~884)元慶四年(880)従4位を授けられる。第九十一代後宇多天皇朝(1274~1287)建治元年(1275)正一位に列す。

第六十代醍醐天皇(897~930)の延喜五年に編纂が始められた法律執行細則集の中の神名帳に、伊香保神社も記載され、朝廷公認の神社となった。平安時代のこの延喜式神名帳には、全国2861の神社が登場、これらは、全て歴史のある神社で式内社と呼ばれた。なお延喜式神名帳は、延長五年(927)に完成した。

神楽殿と石燈籠
その後、鎌倉時代初期、各国ごとに一位の神社を定め、大和国ー大神神社、信濃国ー諏訪大社などのように「一宮制」ができたが、これに準ずる二宮、三宮・・・を定める国もあった。上野国は、十二宮を定め伊香保神社は、一宮貫前神社、二宮赤城神社、についで、三宮の神社となった。

明治維新後、太政官布告によって、あらたに近代社格制度が敷かれ、政府管轄の神社(官幣社)、地方官管轄の神社(国幣社)の次に、地方公共団体管轄の神社(府県社)などができ、伊香保神社は県社を賜ることとなった。
(以上、境内案内板より)

小野子山
宿泊した温泉宿からは上州の山々がよく見えました。
(ちなみに赤城山はガスがかかっていて、見えませんでした・・・)


No comments:

Post a Comment