関東巨石の社 七ッ石雷電神社の磐座(上野国)

七ッ石雷電神社
(群馬県前橋市西大室町448附近鎮座)

社頭
赤城山南麓には産泰神社内の磐座をはじめとして、
磐座等を祀った数多くの祭祀遺跡があったとされ、
近隣の西大室丸山遺跡の祭祀場跡からは
土器や剣、そして勾玉等の石製模造品などが数多く発掘されている。

扁額
ここ七ツ石雷電神社もまた、
巨大な磐座を御神体して崇める原始信仰の名残が残る社です。

参道
鳥居をくぐって小高い丘に通じる一本の道を進む。
参拝、というよりショートトレッキング的な気分。

しばらく進むと朽ち始めている覆屋のような建物が。

磐座
覆屋の奥には巨岩と、その上に小さな石祠が祀られていた。

本神社の御祭神や由緒等は一切不明。
しかし、神秘的な形状をした磐座を眺めていると、
赤城山信仰に関係あったのでは?と思いたくなる。

磐座より「参道」を望む。

次回は、磐座群で有名な産泰神社です。

Comments

Popular posts from this blog

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社