関東巨石の社 産泰神社(上野国)と巨大な磐座群

産泰神社
(群馬県前橋市下大屋町569鎮座)
神沢川
産泰神社は上野国(群馬県)を代表する独立峰である赤城山を水源とする荒砥川の支流、神沢川沿いに鎮座しており、二宮赤城神社の真北に位置している。
ちなみに、境内の西100メートル先には伊勢山古墳があり、附近はかつての居住地だったと推測できる。

社頭
小高い丘の頂に鎮座しており、周囲は緑深い社叢に覆われている。

神門
神門は天保四年に建立されたもの。
門の先には壮麗な拝殿が顔を覗かせている。

拝殿
神門の先には、とても壮麗な社殿が坐している。
玉砂利がきれいに掃かれていて、実に心地良い神的空間である。

本神社の御祭神は大山祇命の娘である木花佐久夜毘売命。
記紀神話での火中説話から『安産の神』として崇められており、社名にもその所縁が現れている。
江戸時代以降、安産祈願のため、穴の開いたヒシャク(ヌケビシャク)を奉納するのが慣例となっている。

また、建立は社伝によれば履中元年とされているが定かでない。

扁額と拝殿内部
産泰神社
この神社の創建は、社伝によれば履中元年とされているが定かでない。しかし、社殿は以後に壘々としている巨石群から、神社信仰の初現形態の一つである巨石崇拝にその起源があるとみられ、歴史の古さがしのばれる。
安産を祈る者が、軽くヌケル(生まれる)ようにと底を抜いたヒシャクを奉納するようになったのは、江戸時代以降のことで、前橋、伊勢崎などをはじ県下一円の人々から、安産の神として篤い信仰を受けた。特に、前橋藩主酒井我雅楽頭は、社殿の造営をするなどその信仰著しいものがあった。

拝殿の美しい装飾
酒井氏の造営になた社殿は、多くの彫刻で飾られ、内部格天井には、酒井抱一が描いたとされる極彩色の花鳥図もある。数ある社宝のうち八稜鏡は、平安時代のもので、前橋市の重要文化財に指定されている。
また、四月十八日例祭の際に奉納される太々神楽も前橋市の重要無形文化財に指定されている。
(境内案内板より)

本殿
本殿は宝暦十三年(1764年)に建立されたもので、拝殿、幣殿とともに県重要文化財に指定されている。
周囲の(いささか)辺鄙な環境の中に、このような壮麗な社殿が鎮座していることに驚き。
きっと、上野国周辺の民に篤い尊崇されていたのであろう。

神楽殿
拝殿脇にある神楽殿で、明和元年(1764年)の建立とされている。

左:金刀毘羅宮  右:末社群

境内奥には大物主命を祭神とする金刀毘羅宮、その脇には末社群が。
小さな石祠にも社標が掲げられていて、とても大切に扱われている。

磐座群
本殿の背後に進むと巨大な磐座群が姿を現す。
この磐座は由緒によると、約13万年前に赤城山で発生した『石山土石なだれ』により出現したと言われており、古代より神々が鎮まる磐座として信仰されていたとされる。

鎮座地は赤城山を仰ぎ見る場所に位置しており、かつては『赤城山の神』を迎え入れる磐座として崇められていたのであろう。
また、「榛名山の神」を祀る榛名神社にも巨大な磐座が数多く坐している。

先の雷電神社の磐座同様に、上野国(群馬)には巨岩信仰が根強いようだ。

ここの磐座上下部二か所に「胎内くぐり」という岩があり、妊婦がくぐれば安産になると言われていたが、危険な場所であるため現在は立入禁止となっています。

神門より外を眺める
本神社はとても静かで、境内もとても大切に手入れされており、参拝して心地よくなった。
また、苔に生した磐座もとても美しく、『神が坐する場所』に相応しい地だったと感じました。

次回も引き続き上野国に社についてです。

御朱印

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社