久高島を食らう 「とくじん」ピザ浜での夜


食事処とくじん
島の夜は早く、あっという間に真っ暗になってしまいました・・・。
お腹が減ったので、『とくじん』という食事処にて夕食を食べることに・・・。

海ぶどう
海ぶどうは、プチプチトロトロでとっても美味しい♡
(東京くんだりで食べる海ぶどうとは全然違いました!!)

ジューシー定食
こちらはジューシー定食。
ジューシーという炊き込みご飯と、お祝いのときに食べられるニガナと刺身を和えたもの、アーサー汁というあおさの汁物、もずくの天ぷら、そしてこれまたお祝いのときに食べられる沖縄ぜんざいなどがセットで1000円!
多分大晦日だったというのもあったのかな?

ニガナが私の口にあうようで、とっても美味しかったです。
(こっちでも食べたいな・・・)

もずくの天ぷら
そして、もずくの天ぷら!
なかなか珍味でこれまた美味しい!!

イラブー汁定食
そして、メインディッシュはイラブー汁定食ー!
これをトライするために久高島に上陸したといっても過言ではありません(笑)
イラブー汁は濃厚だが、そんなにくせがなくてとても美味しいし、疲れた身体にエネルギー充填できました!!

幻想的なピザ浜
とくじんで食事した後、ピザ浜で開催されていた「久高島年越しあしび」なる飲み会に参加しました。
世間では「大晦日(12月31日)」だったのですが、久高島では旧暦なので「ただの一日」。
とはいえ、わざわざ島に訪れた観光客に対するちょっとした『おもてなし』だったのでしょう。
(ちなみに、久高島の夜は真っ暗。ライトは必携です!)

参加者は我々と一人旅でやってきた2人のみ・・・。しかし、色々興味深いお話を聞けました。
門外不出のイラブー燻製小屋の番人さんと交わしたお話や、漁のお話、温暖化のお話等々・・・。
また、沖縄では避けては通れない『リゾート開発』についてのお話もされていました。

久高島でも八重山列島の小浜島のようなリゾート開発計画の話が持ち上がり、島を二分するような大論争にまで発展したという。
今でこそ、日本全国より『神の島』と謳われている久高島だが、島の人々の苦労の上に今のカタチがあるのだな、と思うと、伝統の継承の難しさのようなものを感じました。

気付いたら、終日かかっていた雨雲が抜けて満天の星空が。
三線を奏でながら歌う沖縄民謡のせいなのか泡盛の飲み過ぎなのか定かではありませんが、とても心地良い貴重な時間を過ごすことができましたー。

次回は島の北、神域へ進みます☆

Comments

Popular posts from this blog

沖縄久高島巡礼 徳仁川拝所と久高島の町並み

信濃探訪 : 守矢史料館 一子相伝の古代諏訪口伝

「今伊勢に坐する元伊勢」 酒見神社