30 July 2013

阿武隈の巨石 福島県飯館村のコンセイ様


福島県相馬郡飯館村に標高600メートル程の葉山という里山があります。
その山の中腹に、大きなコンセイ様の巨石があるという話を聞き訪ねてみました。

この辺は福島原発からそんなに離れていない場所。
車通りや人通りはあまりなく閑散としていた。

しばらく進むと「葉山神社」の鳥居と石灯篭が。

コンセイ様(金精様)とは、金精神のことで、いわゆる男根のこと。
東北地方では、特に岩手県遠野にある「山崎のコンセイサマ」などが有名です。

『コンセサマを祭れる家も少なからず。
この神体はオコマサマとよく似たり。
オコマサマの社は里に多くあり。
石または木にて男の物を作りて捧ぐるなり。
今はおひおひとその事少なくなれり。』
(遠野物語)

一般にコンセイ様は安産・豊穣などを祈願して祀られ、特に石神としての性格があるもの。
また、東北に限らず、多くの地域(皆様のご近所にも)にコンセイ様が道端に道祖神として祀られています。

山道を登ること約10分程度に、いかにも『コンセイ様』と思わせる巨石が。

コンセイ様の近くに鎮座する虎捕山 山津見神社が2013年3月全焼してしまったらしい。
とても残念・・・。
(立ち寄ろうと思っていましたが、時間やその他事情により躊躇してしまいました)

ということで、阿武隈お社巡りの旅はこれにて終了。

次回はいよいよ浄土の地、冥界への入口、異郷~熊野巡りです☆
流さず(?)綴ったので乞うご期待です!