29 January 2018

戸隠五社参拝 戸隠神社 宝光社

戸隠神社 宝光社
御祭神 天表春命
旧国幣小社

皆さま、かなーーーり久しぶりです。
もはや前時代のBlogと化しておりますが、再び少しづつ更新したく思います。
数年前の話ですが、戸隠山を登拝した際、戸隠五社を巡りながら登山口に向かいました。

登山の思い出は以下リンクにて…
戸隠山に挑むー1戸隠三社から胸突岩まで
戸隠山に挑むー2超難所 蟻の塔渡りから山頂へ

早朝に宿坊を発ち、急ぎ足へ境内へ。
瑞々しい新緑と木製の鳥居がとてもマッチしております。

境内への参道は杉の木々に囲まれて、270段ほどある石段をズンズン登っていきます。
一番ワクワクする瞬間ですね☆

社殿の姿が見えてきました。
さて、戸隠神社は戸隠山の麓にあり、奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社の五社からなる、創建二千年に及ぶ神社とのことです。

そして、境内へ。
早朝に到着したため誰もいなかったが、とても仏閣を彷彿させる趣のある佇まいです。

宝光社
御祭神:天表春命(あめのうわはるのみこと)
御本社(奥社)に相殿として奉祀されていましたが、第七十代後冷泉天皇の康平元年(1058)に、現在地に遷祀されました。
うっそうたる杉木立の中、270余段の石段を登ると神仏習合時代の面影を残す荘厳な社殿があり、拝殿まわりは、宮彫師北村喜代松の彫刻で飾られ、多くの信者の尊信を集めてきました。

ご祭神は中社祭神天八意思兼命の御子神天表春命で、開拓学問、技芸裁縫、安産、家内安全などの御神徳があり、女性や子供の守り神としても信仰されています。
(以上、パンフレットより)
 
次回は、火之御子社、そして泊まった宿坊についてです☆
続きを読む