19 May 2018

甲斐の社 大井俣窪八幡神社 室町時代の重文が並ぶ社殿群

大井俣窪八幡神社(大井俣神社)
(山梨県山梨市北654鎮座)

大井俣窪八幡神社は貞観元年(859年)創建のお社で、延喜式神名帳にて「甲斐国山梨郡大井俣神社」と比定されているお社のうちの一社です。

日本最古の木製鳥居
雁坂みち(国道140号線)から笛吹川にかかる八幡橋の交差点を少し進むと、存在感ある大きな両部鳥居が架かっています。
この鳥居は天文四年(1535年)に武田信虎によって建立された両部鳥居で、国指定重要文化財の「日本最古の木製鳥居」とのことです。

鳥居脇には「蚕影山」「津島牛頭天王」「愛宕山」と彫られた石碑が。

蚕影山は筑波山の南麓にある神社が総本山で、養蚕の神様を祀っております。
ちなみに筑波山神社とも密接な関係があり、蚕影神社が姉、筑波山神社が妹という姉妹関係らしいですが、真偽のほどは分かりません。

神門附石橋
鳥居をくぐりしばらく進むと、永正八年(1511年)の神門、そして鳥居と同じ時期に武田信虎によって架けられた石橋が現れます。

これらも国指定重要文化財・・・。
なんと、大井俣窪八幡神社は9棟11件が国指定重要文化財に指定されている歴史的建築物の宝庫なのです!

境内
神門をくぐると、まさに歴史を感じる神的空間が広がっています。

大井俣八幡神社は、延喜式神名帳甲斐国山梨郡 大井俣神社の式内社の論社とされている神社で、かつては笛吹川と重川の中島に鎮座していましたが、暴雨のため現在地に遷座したとのことです。

末社比咩三神社本殿
境内脇の神池には末社比咩三神社本殿が鎮座されています。
江戸前期の寛永二年(1625年)に建立され、国指定重要文化財に指定されています。

境内
本神社の御祭神は八幡神である誉田別尊(応神天皇)、足仲彦尊(仲哀天皇)、息長足姫尊(神功皇后)を祀っており、社伝によると、清和天皇の勅願によって貞観元年(859年)に九州宇佐八幡宮が勧請されたのがはじまりと伝えられています。

窪八幡神社拝殿(庁屋)
一際存在感があるのは庁屋といわれる十一間もの長い拝殿。
弘治三年(1557年)の建立で、桁行十一間、梁間三間、檜皮葺の切妻造りです。

扁額
窪八幡神社 
鎮座地:山梨県山梨市北654
由緒
窪八幡神社は、「大井俣神社本記」(承応二年[1653年]、当社蔵)によると、清和天皇の勅願によって貞観元年(859年)に九州宇佐八幡宮が勧請されたのがはじまりと伝えられています。
境内には、室町後期の神社建築が集中するほか、同時期の境内古絵図や鰐口・木造狛犬・三十六歌仙図など貴重な文化財が多く残されています。
これは永正十三年(1516年)及び大永元年(1521年)の駿河勢侵攻による建物の焼失と、信虎・晴信(信玄)による戦国大名武田家の勢力拡大に伴う外護が要因となって、この時期に大規模な造営が行われたことによるものとみられています。
周辺には、戦国期の史料として名高い「王代記」が書かれた別当上之坊(八幡山普賢寺)跡地をはじめ県指定文化財の「木造阿弥陀三尊像」が安置される神宮寺、坊や社家といった神仏習合遺跡が残されています。
(境内掲示板より)
本殿
本殿は永正十六年(1519年)の築造で、これまた十一間社流造の壮麗な造り。

末社高良神社本殿
拝殿正面を見て左側に坐する社は末社高良神社本殿。
明応九年(1500年)建立のお社で国指定重要文化財です。

石灯籠と磐座、そして背後の社殿がとても和の美を醸し出しています。

末社武内大神本殿
そして、高良神社の裏には末社武内大神本殿が坐しています。
高良神社と同様に明応九年(1500年)建立の国指定重要文化財。

摂社若宮八幡神社拝殿
拝殿正面から右手に坐しているのは摂社若宮八幡神社拝殿。
天文五年(1536年)の建立で入母屋造で国指定重要文化財です。

摂社若宮八幡神社本殿

若宮八幡神社拝殿裏には室町中期(1393~1466年頃)建立の本殿が鎮座。
こちらも国指定重要文化財です。

・・・と、社殿全てが国指定重要文化財!
京都や奈良のお社なら理解できるが、山梨のこの地に室町時代の建築物が護られ続けているのは本当に驚きです。

窪八幡神社如法経塔
社殿裏手には如法経塔があります。
窪八幡神社如法経塔
如法経とは、「写経に羽毛を用いず草を筆とし石を墨として一字ごとに礼拝書写するいわゆる如法行によった経文と埋納して建てた塔」のことである。
御神木
享禄五年(1532年)のこの塔は安山岩製で、現高1.40メートル、基礎・塔身・笠などの示す比率はよく均衡が保たれ、棰型を設けた軒の反りが屋根の反り方と相まって、室町期の特色を現わし、全国的にも例の少ない大切な遺構である。
山梨市教育委員会(境内掲示板)

境内社
窪八幡神社如法経塔の脇には八社の境内社がひっそりと坐しています。
社殿と境内社との間には神池に注がれている小川が流れていて、とても風情があります。

鐘楼
そして天文二十二年(1553年)以前、おそらく明応九年(1501年)の武内社と高良社と同時期に建立されたと推測される県有形文化財の鐘楼。

中世以来~明治維新までの神仏習合時代の名残を感じます。

社殿手前には(おそらく)桜の木々が植えられています。
私が参拝したときはまだ蕾の段階でしたが、きっと満開となれば華やかで美しい境内となること必至です。

室町時代へタイムスリップしたかのような社殿群。
本当に心に響く美しい古社でした♪